お知らせ

特別展「上方の浮世絵−大坂・京都の粋(すい)と技(わざ)」展
(山口県立萩美術館・浦上記念館)に近松研究所資料が出品されます

 

 4月から6月に大阪歴史博物館で催された、特別展「上方の浮世絵―大坂・京都の粋(すい)と技(わざ)―」が、秋は山口県立萩美術館・浦上記念館で開催されます。

 本学近松研究所から、上方役者絵の祖である流光斎如圭(りゅうこうさいじょけい)の作品他3点が出品されます。その中には、流光斎が唯一残した大型版画による歌舞伎舞台の絵も含まれます。

 上方浮世絵の全貌を見ていただける大変貴重な機会ですので、お近くの方はぜひお出かけください。

期日:9月9日(火)〜10月13日(月祝)
会場:山口県立萩美術館・浦上記念館(JR東萩駅よりバス又はタクシー

 

 

上方の浮世絵

 


近松研究所のホームページに(戻る)
園田学園女子大のホームページに(戻る)