【A-23-後】楽しい文学講座

講座名 【A-23-後】楽しい文学講座 −名作おとな読み−
概要 誰もが泣いた『フランダースの犬』の作者はイギリス人女性!ピーター・ラビットはイギリスの環境保全に貢献?アニメや絵本でもおなじみの物語や、むかし読んだ懐かしい作品を、改めて読み直してみませんか。
物語の書かれた当時の時代背景を眺めながら、作品の裏側をわかりやすく解説します。大人になった今だからこそ出来る読み方を楽しみましょう。
講師 三宅 律子
本学公開講座講師
曜日
時間 13:00〜14:30
予定日時 (後期開講)
@10月2日 『フランダースの犬』:イギリス人が書いた少年の悲劇
A10月16日 『黒馬物語』:動物愛護の精神を訴えた物語
B11月6日 『ピーター・ラビット』:英国ナショナル・トラストに貢献したウサギ
C11月20日 『最後の一葉』:短編の名手O・ヘンリーの代表作
D12月4日 『クリスマス・キャロル』:心温まるクリスマス・ストーリー
定員 50
受講料 ¥ 5,400 - 卒業生価格あり
備考 資料配布