【A-20-後】怪異学セミナー

講座名 【A-20-後】怪異学セミナー 怪異学の地平
概要 「怪異学」はフシギなコトやモノについての歴史や文学の記録を解読することから、日本人の心の軌跡を探る新しい学問です。2001年に設立された東アジア恠異学会は、2006年から本学公開講座で研究成果をわかりやすく解説してきました。今年度は、東アジア恠異学会の6冊目の書籍の執筆者を中心に、文学、歴史、民俗の研究者が、最新の成果にもとづいてわかりやすく解き明かしていきます。
講師 大江 篤 (本学人間教育学部教授・東アジア恠異学会代表)
佐藤 信弥(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所客員研究員)
久留島 元 (日本学術振興会特別研究員PD)
南郷 晃子(神戸大学学術研究員)
木場 貴俊(国際日本文化研究センタープロジェクト研究員)
久禮 旦雄(京都産業大学准教授)
曜日
時間 13:00~14:30
予定日時 (後期)
①1月25日 日本古代の「怪」「異」と怪異(大江)
②2月1日 周王朝と祭祀儀礼―献捷儀礼を中心に見る―(佐藤)
③2月8日 説話集の「異界」「異国」(久留島)
④2月15日 「キリシタン」の幻術(南郷)
⑤2月22日 本草書にみる怪異(木場)
⑥3月1日 日本の近代と怪異の変容(久禮)
定員 50
受講料 ¥ 6,500 - ☆卒業生価格あり
備考 ※資料配布