1. Microsoft Office Specialist 2010試験
  2. 日商PC検定『文書作成』
  3. 日商PC検定『データ活用』

情報教育センターが行う情報関連資格試験

Microsoft Office Specialist 2013試験
Microsoft Office Specialist試験とは、Microsoft が主催するMicrosoft Officeの基本操作ならびに応用的な操作を実践的に行う資格です。Excel, Word, Access他Microsoft Office2013の試験科目があり、多くの企業でMicrosoft Officeを使用していること等から、事務関係・営業関係の就職に有利とされています。

日商PC検定
日本商工会議所が主催する「文書作成」「データ活用」の試験で2級、3級について実施します。企業においてパソコンの利活用能力は能力評価にダイレクトにつながります。資格取得により、他者と差をつける実務能力が証明され、資格取得の学習を通じて即戦力となるビジネススキルが得られ「就職力」がアップします。

どんな所で役立つの?

就職活動でアピールできる!
企業は沢山の学生の中から採用者を選びます。その学生がどれぐらい能力があるのか面接だけではわかりづらいものです。そこで、面接官にとって一番わかりやすい資格を取ることで他の学生と差をつけることができます!

卒論もサクサク作成!
卒業論文ではアンケート調査をしてその内容を分析することがよくあります。その際にExcelの資格の勉強をしておけば分析方法もばっちりわかり、わかりやすい分析結果を短時間で求めることができます。
また、卒論作成に必ずWordを使用します。「図を入れるとレイアウトが崩れてしまってどうしていいかわからない??」という質問がよくあります。そんな時も資格の勉強をしておけば悩むことなくサクサク作成できます。


ページ上部に戻る