学部・学科紹介

人間健康学部
人間看護学科

学科教員

今村 恭子

今村 恭子 講師イマムラ キョウコ
領域名:成熟看護学
資格:看護師
学歴:山口大学大学院医学系研究科
博士前期課程
学位:修士(保健学)
担当科目:成熟看護学援助論
災害看護論
成熟看護学実習
経験値統合実習・研究

研究分野(研究課題)

  • 急性医療を受ける高齢者のセルフマネジメントに関する研究
  • 都市部高齢者,過疎地高齢者の災害後の健康問題と看護に関する研究
  • 看護教育

主な研究業績

著書

  1. クリティカルケア看護のQ&A、共著、医学書院、2006
  2. やり直しのフィジカルアセスメント、共著、2008、メディカ出版
  3. 疾患別看護過程「狭心症」、単著、2009、照林社
  4. すいすいフィジカルアセスメントトレーニングDS、共著、2011、メディカ出版・ニンテンドー

論文

  1. 成人看護学領域における授業運営、共著筆頭 国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部・福岡看護学部紀要第6巻、p.87-92、2010
  2. 教員間のコミュニケーションおよび自律を促す協働的学習関係の構築、共著 国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部・福岡看護学部紀要第6巻、p.87-92、2010
  3. 看護学生への成人看護学演習における一次救命処置法の授業展開に対する検討、共著 園田学園女子大学論文集48(1)77-93、2014
  4. 災害後の過疎地高齢者の生活環境特性と高齢者支援、共著筆頭 園田学園女子大学論文集51(1)39-46、2016
  5. 地区視診における具体的観察項目の構築に向けて、共著、姫路大学看護学部紀要 8(1)1-6、2016

ほか

学会発表

  1. Reliability and Validity of a Scale to Measure the Basic Social Skills of Nurses Working in a General Hospital  East Asian Forum of Nursing Scholars,2017
  2. Time dependent Changes in the Basic Social Skills of Nurses Working in a General Hospital through a 3-year Practical Education Program East Asian Forum of Nursing Scholars,2017

ほか

これからの研究の抱負

急性医療を受ける高齢者の退院後のセルフケア支援を今後の研究テーマとしています。学生へは、急激な健康破綻や回復過程にある人々の援助において、個人の健康観や個の尊重も大切にできるような関わりを学んで欲しいと考えています。

専門領域での活動内容(学会、研究会、講演活動等)

日本クリティカルケア看護学会 会員

日本看護診断学会 会員

日本循環器看護学会 会員

専門分野を通した地域との関わり

自分の一番の関心事(趣味など)