学部・学科紹介

人間健康学部
人間看護学科

学科教員

野呂 千鶴子

野呂 千鶴子 教授ノロ チズコ
領域名:地域看護学(公衆衛生看護学)
資格:保健師・看護師・養護教諭1種
学歴:神戸大学大学院人間発達環境学研究科博士後期課程修了
学位:博士(学術)
担当科目:公衆衛生看護学概論
健康の探求
公衆衛生看護管理論
公衆衛生看護活動論
公衆衛生看護活動論
公衆衛生看護活動論
地域看護学実習
公衆衛生看護学実習
災害看護論

研究分野(研究課題)

  1. 保健師の集合性に関する研究
  2. 住民と協働で取組む医療過疎地域における母子保健医療環境の整備
  3. 住民と協働で取組む医療過疎地域における高齢者保健医療環境の整備
  4. 防災教育

主な研究業績

論文

  1. 野呂千鶴子、櫻井しのぶ、中野正孝:健康日本21地方計画の中間評価, 計画行政、30(2), 69-74,2007
  2. 野呂千鶴子、城仁士:健康づくりボランティア活動組織化の評価、三重県立看護大学紀要,11, 21-30,2008
  3. 佐甲隆、野呂千鶴子、伊藤薫:WHOグローバルコンピテンシーモデル、三重県立看護大学紀要, 11, 93-99,2008
  4. 野呂千鶴子:市町村合併に伴う保健師の活動システムの追跡、実験社会心理学研究 52(2),125-136,2013
  5. 野呂千鶴子:大規模な環境移行下における中堅前期保健師集団の意識・心理面の変化の解明―市町村合併した1自治体中堅前期保健師の語りの分析を通して―,日本健康医学会雑誌22(1),18-25,2013
  6. 野呂千鶴子:今どきの新人看護師 今どきの仕事の進め方―元気の出る職場づくり,看護きろくと看護過程,18(4),77−82,2008
  7. 野呂千鶴子:合併を体験した保健師の思いからの学び,保健師ジャーナル, 66(8), 718-722,2010

科研費

  1. 「基盤研究(c)」自然災害後の中長期看護支援モデルの構築 (研究分担者),2011年度〜2013年度
  2. 「基盤研究(c)」災害復興に挑む過疎地域の高齢者の主体的な生の全うを支援する生活環境モデルの構築 (研究代表者) ,2012年度〜2014年度

地域志向教育研究(COC)

  1. 地域と取り組む防災教育(研究代表者),2013年度〜2015年度

これからの研究の抱負

保健師の集合性に興味を持っています。これを解明し、行政改革が進む中で、保健師が楽しく働ける職場環境づくりを考えていきたいと思っています。
また、住み慣れた地域で高齢者が主体的に生をを全うするための生活環境整備について、過疎地域での研究活動も継続しています。これらのテーマに興味のある方は、ぜひお声掛けください。

専門領域での活動内容(学会、研究会、講演活動等)

  1. 日本公衆衛生学会
  2. 日本地域看護学会
  3. 日本看護科学学会
  4. 日本災害看護学会
  5. 日本グループ・ダイナミックス学会
  6. 日本教育心理学会
  7. 日本健康医学会
  8. 日本公衆衛生看護学会
  9. 日本在宅ケア学会

専門分野を通した地域との関わり

自分の一番の関心事(趣味など)