学部・学科紹介

人間教育学部
児童教育学科

ポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

児童教育学科では、卒業要件を満たし、以下の能力を修得した学生に卒業を認定するとともに学位「学士(教育学)」を授与する。

  1. 女性の生きかた、生命、文化、社会、自然、健康、国際社会についての知識と、それらと子どもとの関わりについての理解をもとに、広い視野と自らの考えを持って行動する力
  2. 子どもの成長・発達及び保育・教育に関する体系的な知識と、保育・教育の活動に取り組むための実践的な技能をもとに、自立して生きようとする力
  3. 保育・教育の現場において、子ども・保護者・同僚をはじめ、さまざまな人と円滑にコミュニケーションを図り、それらの人々の気持ちのありように気づき理解する力
  4. 保育・教育の現場で生じるさまざまな課題に対して、関係する人々を尊重し、支え、解決に向け協力して行動する力
  5. 社会の一員として、また保育者・教育者として高い倫理観と使命感を持ち、常に研鑚に努めつつ自己を管理する力
  6. 保育・教育の諸課題について、専門知識・技能、それまでの種々の経験をもとに総合的、創造的、論理的に考え、地域社会で実践する力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

児童教育学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、次の方針でカリキュラムを編成・実施する。

  1. 児童教育学科専門科目は、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭をめざす2コース(幼保教育コース・児童教育コース)に必要な科目で構成する。
  2. 基礎・基本から応用・発展へと進む段階性及び学習内容の関連性と体系性に基づき4分野で構成する。保育者・教育者に必要な体系的知識と基本姿勢を学ぶ「総合科目」(DP1、2、3)、子どもの成長・発達、保育と教育、家庭と社会について学ぶ「児童支援学群」(DP2、3)、保育と教育の具体的内容と方法及び技能を学ぶ「児童育成学群」(DP2、4)、現場の諸課題への対応力と総合的な考察力を鍛える「児童実践学群」(DP4、5、6)にバランスよく科目を配置する。
  3. 広い視野・知識を養う大学共通科目と連係し、専門科目を展開する(DP1)。1年次は保育者・教育者に必要な知識と姿勢を、2・3年次は保育と教育の具体的内容と方法及び実習を系統的に配置する。実習は学習内容の実践で、カリキュラムの柱になる。4年次は専門的な演習と卒業研究で自らの課題解決に取り組み、学修のまとめを行う。
  4. すべての授業で論理的な思考力・文章表現力の向上をはかる一方、音楽、造形・図工、体育系統の科目は、保育者・教育者の創造力・表現力を高める科目群として系統と統合を重視して構成する。
  5. すべての授業で「経験値教育」の手法を生かし、自らの振り返りを重視する。また話し合い、教え合いなど学生が活動する授業を行う。専門的な演習と卒業研究では徹底した個別指導を行う。(DP3、4、5、6)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

児童教育学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める人材を育成するため、次に掲げる知識・技能、能力、意欲・態度を備えた人を求めている。

  1. 高等学校の教育課程を幅広く履修し、大学での学修を主体的に進めていける基礎学力を身に付けている。
  2. 保育者・教育者が果たすべき使命や役割について理解し、保育士や教員、施設職員として子どもの成長と発達を助ける仕事を通して社会に貢献しようとする熱意と意欲を持っている。
  3. 高等学校までの履修内容のうち、「国語総合」(現代文)「コミュニケーション英語」の学修を通して、国語と英語の基礎知識及び論理的表現や国際交流に生かせるコミュニケーションの基礎力を身に付けている。
  4. 高等学校までの履修内容のうち、「音楽」「美術」「工芸」「書道」「体育」の学修や課外活動を通して、表現力や創造性を身に付けている。
  5. 身近な社会や子どもを取り巻く問題について、情報や知識をもとに総合的に考え、問題解決に向けて行動しようとする意欲・態度を持っている。