Research Interests Page

研究内容

Last Update: 2005/02/17

* 研究内容について

グランドチャレンジは, 脳に学ぶ情報処理 です.


普段,何気なく行っている行動(behavior; ビヘイビア)には何らかの情報がやりとりされています.コミュニケーションは,人と人との間以外にも,私達が行動をするときには人と環境との間にもコミュニケーション相互作用(interaction; インタラクション)がされています.このコミュニケーションや相互作用を情報という観点から,どの様な仕組みがあるのかを探っていきます.


現在興味を持っているテーマは,

です.

聴講生だよりAUDITOR(平成12年7月発行)に掲載した「私の研究」の原稿はこちらにあります(PDFファイル).
行動型人工知能のことについて,どの様なことを目標に研究している分野なのかを書いています.


2005/02/17

2005/02/17 に行われた『ゼミ説明会』での資料です.当日に使用したハンドアウト(PDFファイル)と,スライド(こちらPDF形式/学内専用です)はこちらにあります.



* 研究業績


研究業績リスト

*著書

  1. 伊藤 剛和,宇治 典貞,小田桐 良一,原 克彦,堀田 博史,山本 恒:
    ``自己学習のための情報処理ガイドブック2000年度版'',六甲出版 (2000.4).


*学術論文

  1. 小田桐 良一,松永 豊,浅井 竜哉,村瀬 一之:
    ``分散競合型ロボット制御系の遺伝的進化と移動ロボットへの適用'',電子情報通信学会論文誌,Vol. J82-D-II,no.2,287-297 (1999.2).


*国際会議発表論文

  1. R. Odagiri, T. Naito, Y. Matsunaga, T. Asai and K. Murase:
    ``Genetic evolution of the subsumption architecture which controls an autonomous mobile robot'', Complexity and Diversity, Springer, 67-69 (1997.1).
  2. T. Naito, R. Odagiri, Y. Matsunaga, M. Tanifuji and K. Murase:
    ``Genetic Evolution of a Logic Circuit Which Controls an Autonomous Mobile Robot'', Proceedings of the First International Conference on Evolvable Systems: From Biology to Hardware(ICES96), Tsukuba, Japan, Springer, Lecture Notes in Computer Science 1259: 210-219(1997.3).
  3. R. Odagiri, W. Yu, T. Asai, O. Yamakawa. and K. Murase:
    ``Measuring the complexity of the real environment with evolutionary robot: Evolution of a real mobile robot Khepera to have a minimal structure'', Proceedings of the 1998 IEEE International Conference on Evolutionary Computation(ICEC'98), Anchorage, Alaska, USA, 348-353(1998.5).
  4. R. Odagiri, W. Yu, T. Asai and K. Murase:
    ``Analysis of the Scenery Perceived by a Real Mobile Robot Khepera'', Proceedings of the Second International Conference on Evolvable Systems: From Biology to Hardware (ICES98), Lausanne, Switzerland, Springer, Lecture Notes in Computer Science 1478: 295-302(1998.9).
  5. K. Murase, T. Wakida, R. Odagiri, W. Yu, H. Akita, T. Asai:
    ``Back-Propagation Learning of Autonomous Behavior: A Mobile Robot Khepera Took a Lesson from the Future Consequences'', Proceedings of the Second International Conference on Evolvable Systems: From Biology to Hardware(ICES98\), Lausanne, Switzerland, Springer, Lecture Notes in Computer Science 1478: 280-286(1998.9).
  6. W. Yu, Md. M. Islam, R. Odagiri, T. Asai and K. Murase:
    ``An Evolvable NAND-Logic Circuit Applied to a Real Mobile Robot Khepera'', Proceedings of The Forth International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB 4th '99), Beppu, Oita, JAPAN, 305-308(1999.1).
  7. Md. M. Islam, W. Yu, R. Odagiri, T. Asai and K. Murase:
    ``Cooperation of Real Mobile Robotics Using Communication'', Proceedings of The Forth International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB 4th '99), Beppu, Oita, JAPAN, 309-312(1999.1).
  8. R. Odagiri, Md. Monirul, M. Okura, T. Asai and K. Murase:
    ``Deterministic Chaos in Sensory Information of Real Autonomous Mobile Robot Khepera'', Proceedings of the First International Khepera Conference(IKW '99): Experiments with the Mini-Robot Khepera(A.Lufler, F.Mondada, U.Ruker, eds), HNI-Verlagsschrift enreihe, Paderborn, GERMANY, 49-56(1999.12).


*研究報告

  1. 小田桐 良一,内藤 拓,松永 豊,谷藤 学,村瀬 一之:
    ``小型移動ロボットの遺伝的進化による自律行動の獲得'',電子情報通信学会研究技術報告,NC96-9,61-66(1996.5).
  2. 小田桐 良一,内藤 拓,松永 豊,村瀬 一之:
    ``小型移動ロボット包摂アーキテクチャの遺伝的進化'',電子情報通信学会情報システムソサイエティ大会論文集,129(1996.9).
  3. 内藤 拓,小田桐 良一,松永 豊,村瀬 一之:
    ``自律走行型ロボットの論理演算制御の遺伝的進化'',電子情報通信学会情報システムソサイエティ大会論文集,128(1996.9).
  4. 森 崇,工藤 清,中村 量空,山川 修,小田桐 良一,上杉 忠孝,鈴木英俊,小穴 真裕:
    ``時系列入力を受けるセルラーニューラルネットワーク'',福井大学工学部研究報告,Vol.46-1,69-77(1998.3).
  5. 小田桐 良一,浅井 竜哉,村瀬 一之:
    ``知覚された環境の複雑さと進化ロボットによる定量化'',第13回 生体・生理工学シンポジウム論文集,189-192(1998.9).
  6. 魏 雨,小田桐 良一,Md. Monirul Islam,浅井 竜哉,村瀬 一之:
    ``自律移動ロボットを制御する進化的ハードウエアに関する研究'',第13回 生体・生理工学シンポジウム論文集, 197-200(1998.9).
  7. 森 崇,工藤 清,中村 量空,山川 修,小田桐 良一,小穴 真裕:
    ``カオスセルラーニューラルネットワークの適応行動における情報処理'',福井大学工学部研究報告,Vol.47-1,49-57(1999.3).
  8. 小田桐 良一,鈴木 昭徳,Md. Monirul Islam,浅井 竜哉,村瀬 一之:
    ``自己組織化された移動ロボットの行動生成規範'',電子情報通信学会研究技術報告,NC99-7,49-55(1999.5).
  9. 森 崇,工藤 清,中村 量空,山川 修,小田桐 良一,西岡哲史,清雄之介:
    ``カオスセルラーニューラルネットワークを用いた追跡システム'',第9回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN Symposium '99 in Fukui),382-385(1999.10).
  10. 山本 恒,原 克彦,五島 邦治,植野 雅之,堀田 博史,小田桐 良一,宇治 典貞:
    ``インターネット大学に向けての実験 − その概要と教育システムの考え方'',第76回教育システム情報学会研究報告,Vol. 99,No. 5,27-30(2000.3).


*口頭発表

  1. 小田桐 良一,内藤 拓,松永 豊,谷藤 学,村瀬 一之:
    ``小型移動ロボットの包摂アーキテクチャによる遺伝的進化による獲得'',平成7年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集,358(1995.9).
  2. 内藤 拓,小田桐 良一,松永 豊,谷藤 学,村瀬 一之:
    ``遺伝的進化による自律走行型ロボットの適応行動の獲得'',平成7年度電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集,357(1995.9).
  3. R. Odagiri, T. Naito, Y. Matsunaga, M. Tanifuji and K. Murase:
    ``Genetic evolution of the subsumption architecture which controls an autonomous mobile robot'', Artificial Life V, Poster presentations, 117-119 (1996.5).
  4. T. Naito, R. Odagiri, Y. Matsunaga, M. Tanifuji and K. Murase:
    ``Genetic evolution of a logic circuit which controls an autonomous mobile robot'', Artificial Life V, Poster presentations, 120-124(1996.5).


*学位論文



[To Top] [Back to Ryo's Web Page]