学部・学科紹介

短期大学部
生活文化学科

学科の特色・
人材育成の目標

短期大学部 生活文化学科

製菓クリエイトコースの特色

お菓子づくりで世の中に感動を。
「食」の世界で活躍する未来をめざす。

めざすのは、多彩なセンスと確かな実力で活躍できる一流パティシエ。洋菓子、和菓子、パンを中心に、業界の有名シェフから直接指導を受け、本物の知識と技術を身に付けていきます。
製菓のプロをめざす以上、技術の習得はとにかく実践あるのみ。実習中心のカリキュラムで「つくる」「味わう」「課題を見つける」をくりかえし行い、つくるお菓子に合わせた火加減や力加減、時間管理や温度管理などをからだで覚えていきます。
また、製菓以外にも本格的な料理やラテアート、ポップの作成や店舗経営論なども学び、将来の独立開業に向けたスキルも養成。さらには語学や情報系などの教養科目を幅広く学ぶことで、一般企業でも役立つ知識や教養を修得し、パティシエに加え、将来の選択肢を大きく広げていきます。

  • パティシエールという未来はもちろん、
    幅広い将来像を描ける学び。
    お菓子づくりや料理への興味を生かし製菓衛生師などの資格取得にチャレンジします。パティシエールだけではなく、レストランや食品メーカーでのメニュー開発、製菓教室の講師、デパートやホテルの食品部門など、食に関する幅広い未来を描くことができます。
  • 洋菓子、和菓子、パンなど
    幅広いジャンルに挑戦し、つくる楽しさを実感。
    製菓クリエイトコースの学びは、とにかく「つくる」ことです。製菓を中心に洋菓子・和菓子・パン・料理を自らつくることで学んでいきます。製菓実習を指導するのは、一流ホテルで勤務経験のある先生など、業界でもトップクラスの講師陣ばかりです。
  • 洋菓子の本場フランス・パリでスイーツ研究。
    表現力や感覚の違いを実感できます。
    「パリ製菓食文化実習研修」ではフランスの有名製菓学校での製菓実習やパティスリーめぐりのほか、美術館や南フランスの古城めぐりといった文化探訪を通して、創作に生きる新鮮な色彩やデザインに触れることができます。
  • 短大を卒業することで、
    社会に通用する基礎的な教養を身に付ける。
    入学から卒業までお菓子づくりだけを主に学ぶ専門学校とは違い、語学や情報系などの教養科目まで幅広く学べるのが短大のメリットです。「食」に関する専門科目以外にも、「基礎情報処理」などの科目も履修することができ、一般企業でも役立つ知識や教養を修得。将来の選択肢が大きく広がります。

生活キャリアコースの特色

社会で、地域で、家族で活躍できる
幅広いスキルを持った女性を育成。

幅広いビジネスの現場で即戦力となるスキルを身に付け、仕事と生活を両立できる”これからの女性”を育成 するコースです。400台以上のPCと豊富なソフトが揃う全国の女子大でもトップレベルのIT環境の中、 ビジネス社会に不可欠な情報スキルを修得。
社会で活かせるIT能力はもちろん、あわせて医事管理士や医療管理秘書士などの医療系資格、上級秘書士を はじめとするビジネス実務資格の取得をめざします。
また、ファッションやインテリア、食産業などへの就職も視野に入れ、暮らしに関わるさまざまな知識技術を修得。 あらゆる企業のフィールドで、地域で、家庭で活躍できるよう「働く女性」と「生活者」の両面で生きる力を養います。 生活キャリアコースの特徴は、インターンシップが必修授業としてカリキュラムに組み込まれていること。 実際に企業の現場を体験することにより、社会人としての意識や働くことの厳しさ、楽しさを身を持って知り、 そこから自分のキャリアプランを確立していきます。

  • 多彩なITスキルと医療事務も加わった資格取得で、
    ビジネスの即戦力をめざす。
    2年という短期間で、高度なITスキルを効率よく身につけます。さらにWebデザインや医療事務、秘書士など幅広い業界で活躍するための資格取得にも挑戦できるのが本学の魅力です。「パソコンが苦手」という人でも万全の体制でサポートします。
  • 衣食住に関する多彩な学びで、
    ライフスタイルをもっと豊かに。
    毎日の生活をよりこころ豊かに彩る「ファッションビジネス論」「インテリアコーディネート論」「フラワーアレンジメント」といった学びは、色彩検定やリビングスタイリストなどの資格取得につながるだけでなく、多彩なシーンで役立つ知識と教養が身につきます。
  • 一人ひとりの就職に向けて、
    授業内外で手厚くサポート。
    キャリアデザインの授業では、生活・家庭・仕事のバランスを取りながらキャリア設計を行うワークライフバランスについて学修します。さらに、資格取得を授業以外でも手厚くサポートすることで、就職に向けて万全の体制を整えます。

人材育成の目標

衣食住を基盤とした生活文化に役立つ実践科学的な知識と技能を修得し、あわせて人間性豊かな教養を身につけ、主体的で聡明な生活者として社会に貢献できる自立した女性の育成