生活キャリア教員

山口律子: 桜色をもとめて

「桜色」というのは、日本の色名として古くから慣れ親しんできた色の名前で、葉っぱと花が同時に咲く「ヤマザクラ」の花の色が色名になったと言われています。 この「桜色」という色に染色するときには、昔から植物のサクラでは染めません。これは染色界ではよく知られていることです。では、何で染めるのでしょうか?それは「紅花」「蘇芳(すおう)」という植物を使って染めます。これらを使う方が、簡単に花のイメージに相応しい「桜色」に染まるからです。 しかし今、あえて挑戦しています。植物のサクラで何とか「桜色」に染めることができないか、悪戦苦闘中です。今のところまだ、黄色みの強いうすい赤にしか染まりません。「桜色」になるように、早く染色方法を見つけたいものです。