学部・学科紹介

人間健康学部
食物栄養学科

ポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

食物栄養学科では、卒業要件を満たし、以下の能力を修得した学生に卒業を認定するとともに学位「学士(栄養学)」を授与する。

  1. 食物、栄養、健康に関する専門的な知識を身につけている。
  2. 複雑化・多様化した食生活が引き起こす課題を理解し、これらに対応できる実践的な技能を身につけている。
  3. カウンセリング、コミュニケーション能力を備え、諸課題を関係分野の他職種と協働して解決する力を身につけている。
  4. 地域社会での実践的な学びを通じて、人々の食生活の改善による健康の維持・増進に貢献する意欲と使命感を持って、行動する力を修得している。
  5. 生涯にわたって学び続けることのできる意欲をもち、常に自己研鑽に努める姿勢を身につけている。
  6. 食物、栄養、健康に関する諸課題について、専門的な知識・知見をもとに考察し、社会的、精神的、経済的に自立した女性として、主体的に行動する力を修得している。
  7. 社会が管理栄養士に求める高い倫理観や使命感を持ち、責任ある行動を取ることができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

食物栄養学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、次の方針でカリキュラムを編成・実施する。

  1. 「総合科目」の分野に、管理栄養士の業務や役割、調理・給食・栄養指導に必要な計算・計量の基礎、食物・栄養の理解に必要な化学や生物学の基礎を修得させるための演習を配置する。また、多様な地域社会のニーズ、変化に対応できる知識・技術を身につけさせ、経験値教育に基づいた実践的な管理栄養士として活躍するための講義・演習や学内外の実習を配置する。さらに、実践的な課題に取り組む中で科学的・論理的思考力を養い、生涯にわたり自らの専門性を向上させるための学修能力を身につけさせることを目的として、卒業研究や演習を配置する。(DP1、2、3、4、5、6、7)
  2. 専門基礎科目として「社会・環境と健康」、「人体の構造と機能・疾病の成り立ち」、「食べ物と健康」の分野に、健康・栄養に関わる基礎的な理論や技術を修得させるための講義や実験・実習を配置する。(DP1、2)
  3. 専門科目として「基礎栄養学」、「応用栄養学」、「栄養教育論」、「臨床栄養学」、「公衆栄養学」、「給食経営管理論」の分野に、健康・栄養に関わる専門的な理論や実践を系統的・体系的に修得させるための講義や実験・実習を配置する。(DP1、2、3)
  4. 「総合演習」、「臨地実習」の分野に、管理栄養士業務の実際を学び、専門職としての視点と実践的な能力を養うための演習や学外実習を配置する。(DP3、4、5、6、7)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

食物栄養学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める人材を育成するために、次に掲げた資質や志向を有する人を求めている。

  1. 高等学校の教育課程を幅広く修得している。
  2. 管理栄養士として人間の食を大切にし、社会に貢献したいという意欲をもっている。
  3. 高等学校において、自然科学の基礎知識(「化学基礎」又は「生物基礎」)を修得した上で、物事を論理的に考えることができる。
  4. コミュニケーション能力を有し、他者を支援したいという姿勢を備えている。
  5. 身近な社会の問題について、知識や情報をもとに、その解決に積極的に取り組もうとする。