学部・学科紹介 学びを知ろう!

将来の進路と資格

卒業生インタビュー

清水 円香 さん
2016年3月卒業
兵庫県立尼崎総合医療センター 勤務

医療現場で看護師経験を積みながら、
養護教諭として働く夢ももち続けられる。

私の配属部署はGHCUという成人の集中治療室です。GHCUでは手術後の患者様や院内急変の患者様など、さまざまな疾患の患者様が入院しています。そのため日々の勉強が大変ですが、多くの疾患を学ぶことができる環境です。入職当初は臨床の緊迫感に圧倒されてつい焦りを感じていましたが、そういうときは落ち着いて、大学での学びを思い返すようにしていました。入職して数年が経ちますが、いまでも一つひとつを落ち着いて丁寧に整理していくことで、安全安楽に患者様へ看護できています。
看護師は忙しく大変な職業で、時には挫けそうにもなります。でも、患者様からの「ありがとう、あなたのおかげで元気になったわ」の一言は、なににも代え難いやりがいです。将来看護師をめざしているなら、その夢に間違いはないと思います。また、SONODAの人間看護学科は、看護師免許とともに助産師・保健師・養護教諭の免許も取得することができます。養護教諭の授業では、看護師とは別に養護教諭として母校へ教育実習に行きました。看護師とはまた違う視点から多くの学びがありましたし、取得して良かったと感じています。10代の患者様との触れあいや思春期のこころのケアなど、そのときの経験がいまの職場でとても役立っています。
私はもともと養護教諭として学校で働くという夢ももっていたので、看護師としてもっと臨床経験を積んでから、ゆくゆくは養護教諭として学校で働くのも素敵だなと考えています。学校現場で事故や急病が起こったとしても、看護師の資格と経験があれば、迅速な対応ができるはずです。私が将来、どんな道を選ぶかはまだ自分でもわかりませんが、たくさんの選択肢をつくることができて本当に良かったです。

中井詩織さん
2015年3月卒業
公立学校共済組合 近畿中央病院 勤務

医療現場で看護師経験を積みながら、
養護教諭として働く夢ももち続けられる。

脳外科、整形外科、眼科のある混合病棟で看護師として勤めています。脳血管疾患や骨折、白内障、緑内障など、さまざまな病気・怪我の患者様が入院されているので、お一人おひとりの状態にあわせて、患者様のもっている力を引き出しながら看護を行うようにこころがけています。
看護師の仕事は、チーム医療という言葉もあるように、多種多様な職種の方と連携していかなければならない仕事です。その点ではSONODAでさまざまな人や地域と関わってきた経験が役に立っています。病院での実習はもちろん、「まちの保健室実習」や地域の事業所との連携も経験し、人と協力しながら何かを成し遂げる力が身につきました。その力は今も現場で生きています。私がこの道に進もうと決めたのは中学生のころでした。ともに看護師をしている両親からは「大変な仕事だけど、やりがいはある。人と接するのが好きなら天職だと思う」と、後押ししてもらいました。実は、妹も看護師をめざしてSONODAで勉強しています。
SONODAのよさは絆の強さ。同じ目標をもった仲間と4年間を過ごすため、とても強い絆で結ばれます。私は複数の資格取得に取り組んだので実習や授業が大変だったのですが、支えあえる仲間がいたから乗り切れたと思います。おかげで複数の資格を取得でき、看護師になることもできました。患者様にとってやさしく、でも必要なことはきちんと伝えられる、そんな看護師をめざして頑張ります。

大林 えり さん
2015年3月卒業
兵庫県立尼崎総合医療センター 勤務

循環器のハイケアユニットで
カテーテル検査・治療後の患者様を看護。

医師が約300名、看護師も1,000名以上が働く総合病院で働いています。ER型救命救急センターがある、高度急性期、高度専門・先端医療を担う総合病院です。急患や難治性の症例を扱う部署を多く設置してい病院で、私が所属しているのも、CHCUと呼ばれる循環器のハイケアユニットです。ここでは循環器疾患による緊急入院の受け入れ、カテーテル検査・治療後の看護を行い、病室8床に対して16名の看護師が、日勤の場合は4〜5名体制で対応します。急性期の看護が主ですが看取りを行うこともあり、さまざまなステージの患者様と向き合い、学ぶことができる職場です。学生のころから、がん患者様と関わる消化器内科での急性期の現場を志していましたが、看護師1年目からこのような高度急性期の現場に所属することになり、やりがいを感じています。
看護師には幼いころから憧れがありました。SONODAに入学したのは看護師・保健師・助産師・養護教諭一種の資格が取得できることに加え、国家試験の高い合格率や実習先の病院が魅力的だったからです。現在の病院に就職が決まったのも、学生時代に病院実習でお世話になったことがきっかけでした。学生時代の授業で思い出深いのは、生活援助論・演習や治療援助論・演習です。シーツ交換からはじまり、清拭・陰部洗浄、採血の演習を行い、憧れの看護師に近づけたようで嬉しかったことを覚えています。また看護の実践に関わる授業はグループワークが基本となります。グループみんなで意見交換し、パワーポイントで発表原稿を制作した経験は、私の責任感を養っただけでなく、仕事のなかの毎日のカンファレンスや、病棟での研修で自分の意見を言えることにつながっていると思います。

主な資格

  • 看護師[国家試験受験資格]
    医療や保健福祉の現場で主に看護を行う医療従事者。患者さんの肉体的・精神的ケアも行い、最適な医療環境を提供します。
  • 保健師[国家試験受験資格](選択制)
    看護に関する専門知識や技術をもって、保健所や学校、企業、病院など地域の方々の健康をサポートし、指導する専門家。
  • 助産師[国家試験受験資格](選択制)
    妊産婦が安心して分娩できるよう、保健指導や分娩時の介助、育児相談などを行う専門家。産前・産後の母子を深くサポートします。
  • 養護教諭一種免許(選択制)
    学校教育の現場で児童・生徒の心身の健康管理を行うとともに、保健教育を担当。
    一般的には「保健室の先生」といわれています。

資格別逆引きインデックス

主な就職先

主な就職先

【医療】
愛仁会 高槻病院、愛仁会 千船病院、恩賜財団大阪府済生会 吹田病院、加古川市民病院機構、関西医科大学付属病院、近畿大学医学部附属病院、公益財団法人浅香山病院、公立学校共済組合 近畿中央病院、国立がんセンター中央病院、国立循環器病研究センター、国立病院機構 大阪医療センター、在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院、財団法人田附興風会医学研究所 北野病院、市立伊丹病院、市立吹田市民病院、市立池田病院、市立豊中病院、住友病院、神戸市民病院機構 神戸市立医療センター、神戸大学医学部附属病院、大阪医科大学附属病院、大阪市民病院機構 大阪市立総合医療センター、大阪市立大学医学部付属病院、大阪府警察協会 大阪警察病院、地域医療機能推進機構 星ヶ丘医療センター、中央会 尼崎中央病院、日本赤十字社 大阪赤十字病院、八尾市立病院、兵庫医科大学病院
【学校教育】
寝屋川市教育委員会
【地方公務】
明石市、大阪市
【進学】
岡山県立大学大学院保健福祉学研究科(保健師養成課程)、宝塚大学助産学専攻、森ノ宮医療大学専攻科助産学専攻科

就職先データ(大学)

ページトップへ戻る