学部・学科紹介 学びを知ろう!

人間健康学部 人間看護学科 実践的な学び

ゼミ紹介

ひとりの女性に長期間関わり、
妊娠中から産後ケアまでサポート

助産師をめざす学生を対象としたゼミで、学びの中心は、助産院と妊婦さんに協力いただく助産学実習です。ひとりの妊婦さんの診察から出産、産後の入院期間、1ヶ月健診まで学生が継続して立ち会わせていただきます。実習前には何度も分娩介助を経験し、その経験を生かして妊産婦さんへのアドバイスや提案を行います。女性が母親になり、家族ができ上がっていく過程にこれだけ長期間にわたって寄り添わせていただけるのは、全国でもめずらしい取り組みだといえます。

宮田 久枝 教授

科目:助産診断技術論/
助産学実習

三好 真央さん

大阪府・府立市岡
高等学校出身

私はゼミを通じて、妊婦さんの不安や想いに寄り添う大切さを学びました。また、産後の家族形成のためのサポートも助産師の仕事です。助産ケアを“業務”にせず、個人として向き合える助産師をめざしたいです。(三好)

國見 まどかさん

大阪府・府立市岡
高等学校出身

妊娠中の貧血に対応する保健指導や新生児のバイタルチェックなど、実践的な経験ができます。母子ともに健康く観察し、適切な判断ができる助産師になることが目標です。(國見)

卒論テーマ
  • 高齢者介護施設における感染対策
  • 看護師のタッチングによる患者の変容と効果
  • 看護師ー患者関係が治療過程に及ぼす影響
  • その人らしさやQOL 向上を支える終末期看護
  • 精神に障がいをもつ人の理解と退院への援助
  • 家族で迎える出産への支援
  • 立会い出産から父親になる夫への支援を考える
  • 母性意識・父親実感と親役割の関連と支援
  • 極低出生体重児で生まれた児の特性と関わり
  • 認知症高齢者のQOL・生きがいに関する研究
  • 2人育児をする母親の育児困難感とその支援
  • 在宅療養者・家族の望む生活を支える訪問看護

教員紹介

授業・実習 PICK UP

  • 育成看護学実習(母性)
    妊産婦と新生児、その家族のおかれた状況を理解し、関わりを深めることで、どのような健康上の課題をもっているのかを把握。個々の状況に応じた看護援助を実践できる能力を養います。いのちの尊さや親子の絆も実感できる実習です。
  • まちの保健室実習
    SONODAが運営する「まちの保健室」で、地域の方々の健康づくり活動に取り組みます。血圧や体脂肪・骨密度の測定、ミニ講話、さまざまな健康相談に応じることで、活動の意義と実践する看護職の役割を理解し、地域の健康づくりの在り方を考えます。
  • からだの構造・機能学T・U・V・W
    看護基礎学を学ぶ前に知っておくべき「人体の構造と機能」について理解します。授業では、まず、高校レベルの化学・生物を復習し、からだの基本構造(細胞、組織)と生体の調節機能(ホメオスターシス、体温など)について解説。病態の理解や実践での役立ちにつなげます。骨格について学ぶために模型標本を使った演習も行います。
  • こころのケア論
    看護の視点から見た「こころのケア」をテーマに展開。子どもから老年期に至るまでのそれぞれのこころの健康について考えたり、精神障害をもつ人と家族のケアなどについて理解しながら、こころの健康と生活とのつながり、またそれを保つための方法について学習。演習も取り入れながら、実践に必要な知識・技術を習得していきます。
  • 育成看護学支援論(母性)
    人間のさまざまな性的特質についての事柄をヒューマンセクシャリティといいます。そのヒューマンセクシャリティの観点から女性の健康支援について理解し、さらにマタニティサイクルにある女性、子ども、家族への健康支援について、「からだ」「こころ」「社会」を切り口にした基礎的な知識を学びます。
  • 国際医療看護論
    グローバルな視点で世界における著しい健康上の格差と健康問題について学び、異文化看護の必要性を理解します。異なる文化背景をもつ人々のコミュニケーションや日常生活、食事や価値観への理解、分析も行い、また、中国におけるプライマリー・ヘルスケアを基盤にした保健・医療・看護の現状と課題もひとつの事例として学びます。
  • 感染免疫学演習
    微生物の採取や培養、観察を通して清潔・不潔の概念を体得し、清拭、洗髪、足浴といった看護ケアによる除菌効果を検証します。また、院内感染防止にもっとも重要な手洗いの除菌効果を調べ、有効な方法を修得します。
  • 助産学演習
    助産師をめざすための実習です。妊産褥婦(にんさんじょくふ)と新生児、その家族を対象とし、安全に妊娠・分娩するために必要な助産診断や基礎的な助産技術を身につけます。同時に、母子保健活動における助産婦の法的責任と役割も理解します。
  • 公衆衛生
    看護活動論T・U
    地域の健康問題と予防活動の重要性と関係性を理解したうえで、地域看護活動に欠かせない家庭訪問指導、健康相談、健康教育について意義や目的、看護者の役割を学び、必要な技術を修得します。
  • 経験値統合研究
    看護実習で得た経験を、問題意識をもちながら追求していきます。研究への取り組みや計画書の作成、論文作成までのプロセスを経験し、討論や意見交換を重ねることで視野を広げ、自分の看護観を明らかにします。

カリキュラム

1年次
地域の方々と社会、そして自己に向き合う
人とは何かを総合的に考えると同時に専門知識と技術を学びます。
2年次
看護と看護対象者に向き合う
人間・健康・環境・看護実践に関する専門分野を学びます。
3年次
看護対象者とその家族、状況に向き合う
看護対象者をとりまく地域や家庭の状況と向き合い、健康につながる看護実践の方策を探求します。
4年次
地域・国際社会の保健・医療・福祉の課題に向き合う
知識・技術・実体験を統合させながら、学際的な視点で地域・国際社会の課題を深く知ります。

カリキュラム

実践的な学び

将来の進路と資格について

教員紹介

ページトップへ戻る