学部・学科紹介 学びを知ろう!

人間教育学部 児童教育学科 幼保教育コース 実践的な学び

ゼミ紹介

「答えは子どもの中にある」
その声を聴ける教育者に。

保育士や幼稚園教諭、小学校教諭をめざす学生とともに、心理学的視点から子どもや人を捉えていくゼミです。子どもの指導で一番大事なことは「子どもの声を聴くこと」です。その子が求めていること・困っていることなど、内面を深く理解することで、子どもの問題行動についても原因がつかめ、どう接すればいいかが見えてきます。どんなときも子どもの中に答えはあるとこころがけ、見のがさないようにすることが大切です。
ゼミでは、子どもの声に耳をかたむけ、気持ちに寄り添える先生になるために、子どもを中心としたさまざまな心の世界を学んでいきます。同時に心理学の研究法や論文の書き方、人に分かりやすく自分の考えを伝えるためのプレゼン力についても身につけ、将来困らないために一人ひとりのスキルアップをめざします。

近藤 綾 助教

科目:発達心理学/教育心理

今村 澪さん

兵庫県・園田学園
高等学校出身

子どもには個性があって、褒めかたや慰めかたは、その子のこころを読みとって変えていく必要があります。また、発達障害の発見には発達心理学の学びが重要で、知識がないと適切なケアができない場合もあります。卒業後は認定こども園へ就職する予定なので、幅広い年齢の子どもとその保護者をサポートできるように、心理学の知識を深めたいです。
卒論テーマ
  • わらべうたについて
  • 内向的な性格と外向的な性格
  • アレルギーに関する研究−乳幼児期の対応と予防ー
  • 保育・子育てにおけるよりどころとなるもの
    ー風水・六星占術の活用法ー
  • 家族が子どもに与える影響
  • 日本の保育と韓国の保育について
  • 森のようちえん
  • ディズニーに関する研究
  • 親子の絵本読みにケーション
  • 百人一首に関する研究
  • 文字のない絵本が子どもに与えてくれるもの

授業・実習 PICK UP

  • 乳児保育実践
    乳幼児にとって遊びはとても重要。自分たちで遊びの種類を考えたりオリジナルの玩具(おもちゃ)を製作するなど、子どもが「遊び」を通して何を学び、何が発達するのかを考えます。また、食事や睡眠、排泄のサポートや子どもの気持ちに寄り添うコミュニケーション方法についても学び、乳児保育の専門能力を高めます。
  • リトミック(1)
    リトミック遊びや手遊び、歌、演奏、リズム運動など、指導のベースとなるプログラムを実際に体験し、ティーチングと呼ばれる指導方法をマスターします。必要な基礎技術に始まり、言葉かけや合図、演奏法なども重点的に学習。幼児に対しての指導内容や技法を実践的に学び、「リトミック指導者」の資格取得をめざします。
  • 保育実習指導T
    保育所や児童福祉施設などでの現場実習に関する事前事後指導を行います。実習先について理解を深めるとともに、指導案や実習記録の立案・記入方法を学び、現場で求められる基本的な姿勢も修得します。
  • 幼児造形T
    子どもの感性を豊かに育てる方法を考えるため、子どものころのように何かをつくり、遊びから学んでいく授業です。素材の特性や用具の使い方を改めて知り、発達段階に応じて現場で対応できる実践力を養います。
  • リトミック(2)
    リトミック(1)で身につけた指導力をさらに高めることを目的とし、言葉かけや合図、演奏法などを習得します。実践力にみがきをかけると同時に、音楽技能や表現力をさらに深めていきます。
  • 器楽T
    音符の読み方をはじめ、リズムやテンポを感じて表現する力や、曲に応じた演奏方法を養うためのピアノの基礎技能を身につけます。少人数のグループによる個人指導を中心に、一人ひとりの音楽的表現を豊かに育んでいきます。

カリキュラム

1年次
保育者としての基礎力の養成
保育者のあり方や基礎分野を学びます。
2年次
保護者としての自分の力を見極める
具体的な保育指導法で応用力を身につけます。
3年次
ワンランク上の高度な専門性を身につける
現場実習を通し、体験的に実践力をみがきます。
4年次
夢を実現し、目標を描く
実践的な専門演習で学びの集大成を実践します。

カリキュラム

教員紹介

ページトップへ戻る