学部・学科紹介 学びを知ろう!

短期大学部 生活文化学科 製菓クリエイトコース 実践的な学び

授業・実習 PICK UP

  • 製菓専門実習T・U・V
    季節や行事にちなんだデザート菓子の知識や技法を修得し、その応用として表現性豊かな工芸菓子づくりに挑戦します。また、学内の仮想菓子店舗で、商品企画や販売、接客といったフードビジネスの基本についても学びます。
  • 製菓基礎実習
    (洋菓子・和菓子・製パン)
    洋菓子実習では、卵や小麦などの主要材料について配合の仕方や仕込み方法を学び、あわせて基本の動作や手順を習得。和菓子実習では、製造の基本操作とともに和菓子文化も学びます。製パン実習では、もっとも基本的なパンづくりから、バターや生クリームなどさまざまな食材を用いたパンづくりの基本的な知識と技術を習得します。
  • 文化人類学
    生活や文化に常に関心をもち、異文化および自文化を理解していくために、文化人類学の古典的題材から今日的課題までを網羅しながら授業を展開。文化人類学学説史をはじめ、文化と分類、食の分類、西洋科学の論理、家族と婚姻、資源利用の人類学など多彩なテーマを取り上げ、文化の比較考察を行っていきます。
  • フードスペシャリスト論
    資格試験に向けた主要科目。フードスペシャリストの役割を正確に理解し、社会で活用できる専門知識を習得します。食品知識はもちろん、顧客に対しての情報提供や販売促進などの基本、また食品を扱う専門家として快適な食事空間のコーディネートの実際にもふれます。12月に実施される全国一斉試験のための対策演習も行います。
  • フードコーディネート論
    おいしさとは何かを考え、日本と外国の食事文化や調理様式のほか、食空間の演出なども学びます。また、実際に食具や食器を用いてテーブルコーディネートを体験し、快適な食環境づくりの理解を深めます。
  • カフェ学実習
    デザインカプチーノやラテアートなどのアレンジコーヒーを淹れるスキルを修得します。さらに、食材の知識や調理器具の使い方を学び、パスタやランチプレートなどのカフェメニューを修得します。

カリキュラム

1年次
基礎の修得
製菓・製パン・料理の基礎理論を修得しながら入学直後からさまざまな実習に取り組みます。
2年次
応用と創作
ケーキ作成から販売まで手掛ける実践型の実習のなかでフードビジネスの学びにも挑戦。

カリキュラム

教員紹介

ページトップへ戻る