学部・学科紹介 学びを知ろう!

人間健康学部 食物栄養学科

アスリートの健康管理から
学校や病院での栄養指導など、
多彩に活躍できる
「管理栄養士」に。

充実した設備と実践の場が整い、さまざまな経験をしながら成長できることが一番の魅力だと感じています。実際に地域の方々と交流できる機会もあり、けやき祭(学園祭)では「食育SATシステム」を使用した栄養バランスチェックを行いました。リアルなフードモデルの中から日頃の食事を選んでもらい、それをこのシステムで評価するのですが、年齢や性別による食の傾向や習慣がよくわかり、改善のための提案力がみがかれました。

甲藤 祐香莉さん 兵庫県・県立伊丹北高等学校出身

学びのポイント

  • 「管理栄養士」の国家試験対策を
    入学直後からスタート。
    1年次から試験合格に向けた対策講座を実施しています。夏休みや春休みなどの長期休暇には、集中講義や模擬テストを繰り返し行うことで苦手科目を克服し、4年間かけてしっかりと実力アップを図ります。
  • "スポーツのSONODA"だからこそ学べる、
    スポーツ栄養の専門分野。
    全国でも数少ない公認スポーツ栄養士の教員が教壇に立ち、スポーツ栄養の基礎から応用までを専門的に指導します。スポーツの強豪校の合宿にも同行し、一人ひとりの選手に栄養指導を行う実習も多数あります
  • 理科系の科目が苦手でも、
    基礎から学べる科目を配置。
    栄養学の基礎となるのは化学や生物の知識です。「高校時代は文系だった」「化学がどうしても苦手」な学生でも安心して学べるよう、少人数で一から丁寧に、わかりやすく指導しています。

主にめざす将来像

  • 食を通じて世の中を健康にする管理栄養士
  • 学校で食の大切さを広げる栄養教諭
  • スポーツ選手の健康管理を担う管理栄養士
  • 給食会社や食品企業などで活躍する管理栄養士

実践的な学びについて

将来について

取得可能な資格

  • 管理栄養士[国家試験受験資格]
  • 栄養士
  • 栄養教諭一種免許
  • 食品衛生管理者[任用資格]
  • 食品衛生監視員[任用資格]
  • フードスペシャリスト[受験資格]
  • NR・サプリメントアドバイザー
    [受験資格]

将来について

将来の進路と資格について

スペシャルコンテンツ

Student×Professor

ページトップへ戻る