学部・学科紹介 学びを知ろう!

人間健康学部 食物栄養学科 実践的な学び

ゼミ紹介

発酵技術を生かし、
新しい食品を創ってみよう。

私たちが口にする食品は、加工処理や発酵技術によって「おいしい」「風味が豊か」「体に良い」など新たな価値や機能を付加することができます。例えば、牛乳を発酵させたヨーグルトも、新たな生理機能が次々と発表されているのもその一例と言えます。このように食の新たな可能性を引き出せるのが「発酵」のおもしろさです。卒論ではキャンパス内に咲く桜の花びらから酵母や乳酸菌を単離し、それぞれの菌の特性を評価しながら、パンやヨーグルトをつくり、味や機能性にどんな差が出るのか研究しました。すると市販のパンよりも香り高いパンに仕上がり評価は上々でした。できればこのパンを商品化したいと思っています。実験は必ずしもすぐに成功するものではありませんが、それこそが学びです。失敗を繰り返し、仲間の協力を得ながら、最終的に成功へと導きます。その中で、問題が起こったときに対処する力や周りの人と連携する力などを身につけ、自立した女性に成長してほしいと思います。

渡辺 敏郎 教授

渡辺 敏郎 教授

科目:食品学総論/食品加工学

食品の中でも特に加工食品・発酵食品に焦点を当て、加工処理や発酵技術を駆使することで、人にとって有益な新しい食品を生み出そうと研究を続けている。

教員紹介

教員紹介

教員紹介

教員紹介

ページトップへ戻る