学部・学科紹介 学びを知ろう!

人間健康学部 食物栄養学科 実践的な学び

ゼミ紹介

食を通じて“こころをも癒せる”
管理栄養士をめざして

糖尿病や肝臓病、妊娠糖尿病などの疾患をおもちの方に対して、食事面からサポートを行うのが臨床管理栄養士の仕事です。医師や看護師、薬剤師、検査技師、理学療法士などとともにチーム医療の一員として患者様を支えられる、やりがいの大きな仕事だと思います。
このゼミでは、そんな臨床管理栄養士をめざす学生を中心に栄養学の研究を深め、食を通じて人のこころをもサポートできる力を身につけていきます。病院からの協力を得られれば、患者様へアンケート調査やインタビューをさせていただくこともあります。どのような食事を摂られているか、どのような困りごとがあるかといった患者様の生の声を聞き、栄養士がすべきことを考えていきます。また、最近流行りの低炭水化物ダイエットの効果の有無など、身近なテーマから文献調査を行うこともあります。
ゼミは4 年間の学生生活の集大成です。責任をもち、あきらめずに自らの研究を追求することは卒業後にも必ず生きてきます。人と関わることが好きな人、医療に興味がある人、人の役に立ちたいと思う人は、ぜひ一緒に学んでいきましょう。

塩谷 育子 准教授

科目 : 臨床栄養学実習/栄養カウンセリング

野路 里子さん

福井県
県立福井商業高等学校出身

管理栄養士の臨床的な対応法は教科書に書いてありますが、患者様の気持ちまでは分かりません。そんな患者様の生の声を聞きたかったことが先生のゼミに入ったきっかけです。ゼミで学んだ栄養学の知識と相手の感じ方を考慮して、自分の思いを伝えるノウハウをしっかりと増やしていければと思います。
卒論テーマ
  • 奈良漬の漬粕を原料とした速醸味噌の開発
  • 芽胞菌の発芽・増殖制御に関する研究
  • グルテンフリー米粉パンの調製
    〜増粘剤の種類と膨化、硬さの変化について〜
  • カプセルの溶解性に対する食品の影響
  • 高校生男子ラグビー部の食事管理について
  • 高校、大学のアメリカンフットボール部員の
    体組成に関わる要因について
  • 妊娠糖尿病患者への栄養指導に関する研究
  • 中学生における食育活動のための基礎研究
    〜中学生における部活動と食事摂取状況の実態調査〜
  • 兵庫県におけるがんによる死亡の地域特性に関する研究

もっとゼミを見る

授業・実習 PICK UP

  • 食品学実験
    食品の栄養素のうち、水分、タンパク質、灰分、食物繊維などの分析法を理解し、器具の操作方法などを修得します。実験を通して体験的に学ぶことで、食品に含まれる栄養素に関する理解をより深くし、食品分析についての考察力を身につけることができます。
  • 公衆衛生学T・U
    公衆衛生学は人間の生命を守るための基礎学問。公衆衛生学Tでは、行政の役割や制度に始まり、社会福祉、介護システム、保健医療制度など、公衆衛生学全般について学びます。さらに公衆衛生学Uでは、鳥インフルエンザやエイズなどのような感染症や環境ホルモンや中毒などの問題に向き合い、どうすれば健全な社会を維持できるか、公衆衛生学の視点から考えていきます。
  • 大量調理実習
    大量調理をするときの調理科学的な変化を確認し、調理特性、工夫やコツ、加熱方法の違いによる食品の変化などを学びます。一般調理との違いを体得しながら、大量調理する際に役立つ知識や技術を身につけることができます。
  • 食品衛生学実験
    食品の鮮度や食品添加物の検出に関する各種試験や検査のほか、食品や環境中の微生物に関する実験など、食品衛生管理に必要な基礎的手法を実践的に修得し、同時に応用力を身につけていきます。
  • 給食経営管理実習
    学内の給食経営管理実習室において、基本的な献立作成から経営面までを通して、給食の運営と経営管理の実習を行います。運営と管理(栄養や安全、衛生面など)について、関連の資源(食品流通や食品開発・給食に関わる組織や経費など)を総合的に判断しながら給食経営管理全般のマネジメントができる能力を養います。
  • 食品衛生学
    食品が生産、流通、加工を経て消費されるまでの全ての段階における、食品の安全性についての科学的な理解と応用を学びます。食中毒や食品添加物について、また、HACCPシステムによる衛生管理など、食の専門家として知っておくべき食品の安全性・健全性に関する知識の習得、合わせてバランスの取れた情報収集能力を養成します。
  • 食物栄養基礎演習T・U・V・W
    栄養の基礎およびその調理法などを実習で学び、理科が苦手な人のための基礎科学分野の演習も実施します。
  • 栄養教育論T・U
    管理栄養士には、人々の健康の保持・増進の担い手としての役割が求められています。Tでは、栄養教育を行うにあたり必要な知識、原則、技法などを学び、Uでは、その学びをもとに、対象者に応じた栄養教育プログラムをマネジメントします。妊娠期や学童期、成人期や高齢期などのライフステージ、ライフスタイル別の栄養教育について、その手法を学習します。
  • 栄養管理学
    栄養マネジメントの技術習得を目的に、世代によって異なる栄養目標量や食事摂取基準の考え方などを学びます。
  • 生化学実験
    各栄養素の性質や働きなど講義で得た知識を、実験を通して自分の目で確認していきます。
  • 臨床栄養管理
    チーム医療の一端を担う管理栄養士の業務について、演習を交えながら具体的に学び、実践力を養います。
  • 栄養カウンセリング
    人々が抱える栄養問題の心理的要因に着目。カウンセリング手法を講義と実習で学びます。
  • 臨床栄養学
    病的状態にある人の病態や栄養状態を把握し、その人に適切な栄養管理を行うためには、栄養プランの作成、実施、評価に関する総合的マネジメントの考え方が必要不可欠です。その点をふまえながら、本授業では、糖尿病や心疾患、栄養障害など各疾患別に、身体状況や栄養状態に応じた具体的な栄養管理方法について習得していきます。
  • スポーツ栄養T・U
    スポーツ競技に応じた栄養管理、身体計測や食事調査などの重要性や方法を修得します。本学の競技チームや選手を対象とした栄養サポートによって、チームや選手のパフォーマンス向上につなげる方法を実践的に学びます。
  • 食事療法実習
    糖尿病や糖尿病性腎症、腎臓病などの食事療法に使用する食品交換表の使い方や治療食の献立作成など、「食事療法」の講義で学んだ理論や知識をもとに、各疾患の予防や治療に効果的な食生活の実践・指導ができる能力を身につけていきます。
  • 臨床検査法実習
    自らの臨床データを測定し、食事時間の経過や運動強度などで、臨床データがどのように変動するのか、どの項目と相関性が高いのかを突き止めて、病態やスポーツ実践時の栄養指導能力の向上に役立てています。
  • 栄養学実習
    身体問題に対応する「ライフステージ」に着目し、問題点について議論しながら対応策を導いていきます。短期間に食事形態が著しく変化する妊産婦・乳児・高齢者、また、食物アレルギー児に対して“適切な食事提供ができる能力”を養うことが目標です。

カリキュラム

1年次
栄養学の基礎を固める
基礎となる学問や、実験実習に備えるための演習を学びます。
2年次
栄養学の専門性を究める
応用栄養学や病理栄養学などを学び、実習・実験で学びを深めます。
3年次
社会的な経験を深め、将来を考える
給食経営や栄養管理について、知識と手法を身につけます。
4年次
国家試験合格をめざす
病院や保健所での実習を通じて管理栄養士の業務を知り、研究活動を行いながら国家試験の全員合格をめざします。

カリキュラム

教員紹介

ページトップへ戻る