学部・学科紹介 学びを知ろう!

人間健康学部 総合健康学科 健康スポーツコース 実践的な学び

ゼミ紹介

物事に興味関心を抱くことが
「知る」ための第一歩

ゼミでは3年次から一貫して卒業論文の制作に取り組みます。たとえば、アスリートのストレスやプレッシャーへの対処法、コーチングなど専門分野であるスポーツ心理学に関して、各自が知りたいと思うテ ーマを追求しています。
スポーツ心理学というと、まるで目に見えないものを扱うように思われがちですが、実はそうではありません。アスリートやコーチの言動は、しっかりと分析していくと、すべて目に見えるデータとなるのです。見えないと思っていたこころの動きや行動の背景が見えてくると、その対処法も考えることができます。そこがスポーツ心理学のおもしろいところだと思います。
改めて「今自分は何に関心があるのか」、「何を知りたいと感じているのか」、そして「将来どうなりたいのか」を考えることは、想像以上に難しいことかもしれません。だからこそ、自分自身や専攻する学問、一つひとつの物事に対して興味をもつことが、自分や相手のことを良く知るための大きな第一歩となります。ゼミでは自分で決めたテーマを追求し、試行錯誤しながら、自分なりの答えを見つけていきます。

荒木 香織 教授

科目:運動心理学

荻 真子さん

鹿児島県
神村学園高等部出身

小学校からソフトボールを続けてきましたが、試合で緊張して思うようにプレーができず悩んだ時期がありました。そんな経験から、ゼミでは「プレッシャーを感じる場面でも力を発揮できる人と、そうではない人」の違いについて学んでいます。かつての自分と同じ悩みをもつ子どもたちを支えられる保健体育教諭になることがいまの目標です。
卒論テーマ
  • 高等学校における運動部活動の重要性
  • 競技スポーツにおけるコーチングについて
  • 兵庫県におけるフィットネスクラブの高齢者への取り組み状況
  • 車椅子バスケットボールの現状と課題
  • バレーボールにおけるブロード攻撃の指導研究 〜発生論的運動学を用いて〜
  • ベースボール型ゲームにおける学習場面と課題従事について
  • 短距離走スタート時におけるルーティーン動作が記録に及ぼす影響について
  • ソフトボール捕手における送球動作の一考察

教員紹介

授業・実習 PICK UP

  • 運動生理学
    有酸素運動と無酸素運動、運動と心拍数、血圧、酸素摂取量、筋力など講義で学んだ知識を、学生自身が実際に測定を行い、自分のものとして吸収します。そして、そのなぜを考えることで、より確実なものとして身につけていくことができます。
  • 栄養学
    栄養素の働きや消化吸収、代謝など、学校や健康増進施設の現場で行う「食」の教育に必要な知識を修得。さらにライフステージごとの健康的な食生活のための指導法も学びます。
  • 陸上競技
    陸上競技は、運動の基礎となる「走る」「跳ぶ」「投げる」から成り立つスポーツ。中学校や高等学校では、授業をはじめ体育祭などの行事で陸上競技を指導する場面が多くあります。この授業では、陸上競技の特性を理解するとともに、現場での指導方法について学びます。
  • キャンプ実習
    キャンプの方法や技術についての基礎知識を実際の体験を通して学びます。高原地帯でキャンプを行い、リーダーシップや集団行動力、協調性を養成。また、各種野外活動やレクリエーション活動も体験し、安全管理、気象や自然についても学びます。
  • 海洋スポーツ実習
    海でのプログラムを通して、保健体育教諭やスポーツ指導者に必要な知識と指導法を身につけます。海に親しみながら自然に対する知識を深めるとともに、海での水泳技術や指導法を修得し、さらに海洋スポーツへの知識を深めます。
  • 教科教育法T・U
    (保健体育)
    保健体育教育のための理論と実践を学ぶ科目です。前期は体育の授業の理論や優れた授業づくりに向けて学び、後期は保健体育の授業づくりや教材づくり、学習指導案づくりを行い、模擬授業を通して実践力を高めます。
  • スポーツ医学U
    不整脈や突然死、心筋梗塞といった循環器系疾患、外科的障害を中心に運動中に起こる可能性のあるアクシデントについて、予防法や対処法を学びます。さらに、事故を防ぐための医学的な実施方法や評価法を修得します。
  • スキー実習
    スキーの基礎知識や技術、指導方法を修得します。集団行動の難しさやスキーの楽しさ、失敗などを実際に経験し、また、年齢を重ねても続けられるスキーの魅力を通じて健康づくりの視点を養います。
  • 運動生理学実習
    健康のための運動指導を目的とし、まず、心電図や血圧の測定法を学び、これらに基づき、主に自転車エルゴメータを使用し、運動中の心拍数や血圧の応答、エネルギー代謝などの実習を行います。また、ウォーミングアップやクーリングダウンの重要性を、パフォーマンスや心拍数、血圧応答の実習を通して学習します。
  • 精神保健
    学校教育現場において必要な精神保健の知識を学びます。学校教育体制における精神保健の位置、幼児・児童・生徒・学生の精神身体の発達・成長・精神構造、精神保健上の諸問題とその受け止め方、把握の仕方などを学習します。さらに、学校外の相談機関などへの紹介やそのときに注意すべき事柄などについても学びます。
  • スポーツマネジメント
    さまざまな角度から参加者を増やすアプローチを試みます。マネジメントの領域を行政レベル、健康増進施設やフィットネスクラブレベル、活動現場レベルに分類し、活動の実態とその問題点を分析し、スポーツを普及・振興させるためのしくみや方法を学ぶとともに、実際にフィットネスクラブなどのマネジメントについて学習します。
  • スポーツ社会学
    教育としてのスポーツや地域に根差すスポーツ、またスポーツビジネスなど、いくつかのテーマに絞り込んで、現代社会におけるスポーツの意義について考えます。そして、さまざまな社会事象をスポーツというフィルターで見た場合、どのような知見が得られるのかを学び、そこから自分自身のスポーツとの新しい関わり方を考えるきっかけとします。

カリキュラム

1年次
各実技種目の技術を修得する
学科の特色である健康学について、基礎からしっかりと学びます。
2年次
運動や健康に関する知識と指導法を修得する
運動指導と健康教育に欠かせない知識と技術を身につけます。
3年次
保健体育教諭・健康運動指導士などの進路を決める
実習で経験を積み、自分の力を試して将来の方向性を定めます。
4年次
4年間の集大成である卒業論文を仕上げる
ゼミで専門性を高め、教員試験合格や就職活動に注力します。

カリキュラム

教員紹介

ページトップへ戻る