学部・学科紹介 学びを知ろう!

短期大学部 幼児教育学科

2019年度より、スタディ・ライフ・バランスにあわせて選べる!

多彩な現場経験で実践力をみがき、
“こころを育む”
幼稚園教諭・保育士へ。

「幼稚園での実習前はグループでお互いの指導案をチェックしながら、より良い指導案をつくって実習に臨みます。実習は4週間あり、1週目におむつだった子が4週目にはおむつを卒業しているなど、子どもの成長にたくさん出会うチャンスがあります。また私は「自分がどれだけしっかり子どものことを考え、行動できるか」など今のレベルがよくわかり、その後の授業や取り組みを頑張れるチカラにもなりました。

公文 花梨さん 兵庫県・県立三田西陵高等学校出身

学びのポイント

  • スタディ・ライフ・バランスにあわせて選べる。
    2年コース&3年コース(長期履修制度)
    専門性の高い授業を効率よく学び、いち早く保育者デビューをめざす 2 年コースと、時間と気持ちに余裕をもって学び、午後の時間を自由に 設計する3 年コースから選択します。
  • 入学者全員が「幼稚園教諭」「保育士」
    ふたつの資格を取得可能。
    保育士定員に制限がある大学や短大が多いなか、本学では全員が幼稚園教諭と保育士ふたつの資格を取得できます。幼稚園と保育所が一体化した「こども園」が増える現在、これは就職への大きな利点です。
  • 集中型の幼稚園実習で経験を確かな実践力に。
    幼稚園実習は2週間ずつ2回に分けて行うのが一般的ですが、本学では4週間連続の集中型実習を実施しています。1ヶ月という時間の中で一人ひとりの子どもたちと向きあい、現場対応力を高めます。

主にめざす将来像

  • 幼児教育のプロフェッショナルである幼稚園教諭
  • 0歳児から就学前まで、乳幼児の保育を担う保育士
  • 乳児院や児童養護施設などで働く保育士

【教育実習(現場実習】
2週間で慣れ、2週間で深める集中型実習で確かな実践力を

幼稚園実習は2週間ずつ2回に分けて行うのが一般的ですが、現場に慣れてきたころに終了してしまうことが多いため、本学では4週間連続で実施しています。この集中型の実習では、まずは現場に慣れ、子どもを理解しながらじっくりと経験を深められることが特長です。

慣れる

T週目

1日の流れ・子どもの様子をよく観察して幼稚園教諭の仕事を理解する

2週目

担任の先生の助手として登園〜降園までの日常的な仕事を経験する

深める

3週目

指導計画を立て、担任の先生に代わって部分的に保育活動を進める

4週目

クラス担任としての責任をもち1日実習や集団保育、一斉保育を経験する

  • 実習支援室
  • 専属スタッフが常駐して実習をサポートしてくれます!

    サポーターが2名常駐し、実習(幼稚園、保育所、施設)についていつでも相談できる支援室です。サポーターは学生と年齢が近く、保育経験も豊富で、親しみやすい存在です。実習以外にも履修のことや学生生活のことなど、多くの相談にのってくれます。

将来について

取得可能な資格

  • 幼稚園教諭二種免許
  • 保育士
  • こども音楽療育士
  • 准学校心理士

将来について

将来の進路と資格について

スペシャルコンテンツ

FACEtoFACE

Student×Professor

  • 教員紹介
  • 学科について
  • Q&A
  • 入試方式一覧

ページトップへ戻る