学部・学科紹介

人間健康学部
総合健康学科

学科の特色・
人材育成の目標

人間健康学部 総合健康学科

「養護コース」と
「健康スポーツコース」、
それぞれの専門性に特化した
学びで、確実に夢をかなえる。

養護コースでは、関西でも数少ない専門コースとして“現場に強い養護教諭”を育成。学内の模擬保健室で実践的に応急処置法を学んだり、子ども役と先生役にわかれてロールプレイングを行うなど、現場さながらのリアルな学びで実践力を身につけます。
また、健康スポーツコースでは、幅広く活躍できる保健体育教諭・スポーツ指導者を養成。保健体育の授業だけでなく、放課後のクラブ活動や課外授業、学級運営などで教育現場に必要とされる幅広い指導力を身につけると同時に、スポーツや健康指導に関わる資格取得に挑戦することで、将来的に幅広い職業がめざせます。

養護コースの特色

  • 関西の大学では数少ない、
    養護教諭養成のための専門コース。
    養護教諭として本学が数多くの採用実績を誇るのも、専門コースならではの深い学びがあるからです。4年間を通して「養護」「保健医療」「看護」「心理」「健康」をバランスよく学ぶことで、現場で求められる幅広い知識と深い教養を修得し、子どもの発育や発達を支援するための高い資質を備えたワンランク上の養護教諭をめざします。
  • 専門コースならではの設備と授業で、
    徹底的にスキルをみがく。
    看護実習室や養護実習室(模擬保健室)など、本番さながらのリアルな現場を再現しています。これらの充実した専門施設で、即戦力として活躍できる高いスキルをみがきます。また、徹底した実践教育で病院との連携能力や保健室で求められる幅広い力を身につけ、あらゆるケースに応じた柔軟な対応力を修得していきます。
  • 採用実績多数。万全の教員採用試験対策で、
    合格をめざす。
    本学の養護コースは、看護師の国家試験合格をめざす人間看護学科とは異なり、あくまで養護教諭養成に特化した専門的な学びが特長です。教員採用試験の範囲をカバーした対策講座を実施しており、筆記試験対策はもちろん、実技や面接対策までを行い、一人ひとりの夢の実現をしっかり応援します。

健康スポーツコースの特色

  • 徹底した体験学修で、指導力×実践力を備えた
    保健体育教諭を育てる。
    「実践力こそ最大の強み」そう考える本学では、実際の学校現場で子どもたちと触れ合うスクールボランティアをはじめ、スキー実習やキャンプ実習、海洋スポーツ実習など幅広い体験学修を用意しています。さまざまな場面で力を発揮できるよう、高い指導力と人間力を備えた保健体育教諭を育成します。
  • 地域貢献事業により経験値を積み重ねる。
    本学の附属機関であるスポーツ振興センターと連携し、小・中学生から社会人までを対象に、テニスクリニックやソフトボールクリニックなど、スポーツの指導を通して地域社会へ“スポーツのSONODA”の資産を還元しています。学生にとっては、まさに経験値教育の場となっています。
  • 手厚いサポートプログラムで
    教員採用試験合格をめざす。
    保健体育教諭になるには、スポーツの技能や指導力を身につけるだけでなく、教員採用試験を突破しなければなりません。本学では、1・2年次から教員採用試験に向けた対策講座を開講し、入学直後から本番直前まで筆記試験や実技、面接対策を実施していきます。合格をめざして一人ひとりに、徹底的なサポート体制で夢の実現を支援しています。

人材育成の目標

健康づくりの専門職として高度な知識と技能を身につけ、健康で豊かなウエルネスライフの実現に貢献できる人材の育成。

保健室に求められる様々な悩みや相談に対処できる「養護教諭」を育成。
現在は、こころや身体に悩みをもつ子ども達が増えており、そうした健康問題を中心に、総合的に健康の保持・増進を指導できる養護教諭が必要不可欠となっています。そのため、優れた健康管理、救急処置能力と指導力を備え、頼りにされる保健室の先生をめざすことはもちろん、カウンセリング能力も身に付け、また、健康学をベースとした健康教育にも力を発揮することができる人材を育成していきます。
健康づくりの視点をもち、
保健の授業にもスポーツ指導にも強い「保健体育教諭」を養成。
主に健康スポーツコースがめざす教育者像は、「優れた実技能力と指導力を備えた保健体育の教師」「健康学をベースに、健康教育に強い保健体育の教師」「運動部活動などを通してテニスやソフトボールなどスポーツ種目に秀でた、指導力のある教師」です。保健の授業にも強く、スポーツ指導にも強い。さらには、生徒の心身の健全な発育・発達のために健康づくりの視点から指導していける保健体育の教諭を養成します。
即戦力として活躍できる「健康づくり運動指導者」が目標。
地域の人々の健康の増進や生活習慣病の予防・改善などに貢献できるよう、健康を“運動・栄養・休養”の3側面から総合的に学び、また、健康運動実践指導者や健康運動指導士などの資格を取得。「生活習慣の改善・指導ができる」「こころと身体、社会的な健康問題にも対処できる」「フィットネス、水中運動、エアロビクスなどの指導ができる」といった、即戦力のある健康運動指導者をめざします。