学部・学科紹介

人間健康学部
総合健康学科

学科教員

  • 近藤 照敏 教授

    近藤 照敏 教授
    [ 総合健康学科長 博士(医学) ]
    ■身体のしくみと医学
    ■衛生学

    総合健康学科は、養護教諭、保健体育教諭や健康運動指導士を輩出することなどを目的としています。講義やゼミを通じて学生の皆さんが幅広い当該分野で活躍するための手段を手に入れるお手伝いをしたいと思います。

  • 板谷 昭彦 教授

    板谷 昭彦 教授
    ■スポーツトレーニング論
    ■ソフトボール

    トレーニングの基礎知識や指導法を学び、安全で効果的なトレーニング方法の基礎を学習します。またスポーツでは生涯にわたるスポーツライフおよび健康増進を図り生涯スポーツへの理解を深めます。

  • 岩崎日出男 教授

    岩崎 日出男 教授
    ■東洋の思想
    ■世界の宗教

    インターネットの普及によって「知る」ことはとても簡単で容易になりました。しかし、その「知った」ことが本当に正しくかつ有益であるか否かは、昔も今も相変わらず個人の「判断力」に委ねられています。皆さんには、園田での様々な学びを通して、優れた「判断力」を身に付けることができるよう指導していきます。

  • 江嵜 和子 教授

    江嵜 和子 教授
    ■養護概説
    ■養護活動論

    養護教諭(Yogo Teacher)は、世界的にも例を見ないわが国独特の制度です。その仕事は魅力的で奥深いものがあります。「健康」と「教育」をキーワードに、共に追究していきましょう!

  • 藤澤 政美 教授

    藤澤 政美 教授
    ■運動生理学
    ■運動処方

    運動するとからだはどうなるのか、逆にしないとどうなるのか、また、健康づくりのため、ダイエットのためにはどうすればいいのか。このような知識・理論を学び、時代が要請している健康づくり指導者をめざしましょう。

  • 山本起世子 教授

    山本起世子 教授
    ■女性と社会
    ■生命倫理

    私の授業では、学生同士、学生と教員との意見交換を重視しています。大学で学ぶことで、自分のすむ世界が広がり、今まで思いもしなかった多様な考え方を知ることができます。ぜひ、楽しみつつ学んでください。

  • 荒木 香織 教授

    荒木 香織 教授
    [ 博士(健康スポーツ科学) ]
    ■スポーツ・健康心理学

    こころとからだの健康について大学生の間に考える機会を持ちましょう。日ごろのストレスへの対処法を今のうちに探しておくことは、将来の健康的な暮らしにつながります。本番でチカラを発揮するメンタルスキルについても知っておくと就職活動や社会人としての業務においてきっと役立ちます。こころの鍛え方を学びましょう!

  • 衣笠 治子 教授

    衣笠 治子 教授
    ■栄養学
    ■健康学基礎演習

    栄養や食物の学問領域は、生物や化学を基礎とするものが多く、少し難しそうに感じるかもしれません。しかし、毎日自分が食べている食品の成分や、体内でのゆくえを知ることは健康学の基礎です。しっかりした知識を身につけましょう。

  • 磯田 宏子 准教授

    磯田 宏子 教授
    [ 博士(教育学) ]
    ■看護学
    ■小児保健

    子どもの健康を守る養護教諭の仕事は、やりがいも大きいですが責任も大きいものです。皆さんが養護教諭となって学校現場に出たときに、自信を持って仕事ができるよう、この4年間でしっかりと学んでください。一緒にがんばりましょう。

  • 足立 学 准教授

    足立 学 准教授
    ■スポ−ツ指導論
    ■バレーボール

    指導者に欠かせない理論として、医療費削減を目指した健康を保持増進するための「生涯スポーツ指導法」や、競技者向けの「メンタルトレーニング指導法」を学びます。また、体育実技面での各スポーツ特有のコツも指導します。

  • 角田智恵美准教授

    角田 智恵美 准教授
    ■学校保健
    ■健康相談活動

    子どものいのちと健康を守り育てる学校保健活動は、全教職員でとりくむ必要があります。なかでも、養護教諭や保健体育教諭はその中心的存在です。多様化するこころとからだの健康課題をしっかり受けとめ、対応して行ける創造的な教員として活躍できるよう、共にがんばりましょう!

  • 澤田 浩 准教授

    澤田 浩 准教授
    ■体育原理
    ■保健体育科教育法

    教科「保健体育」がなぜ存在するのか。何をどのように教える教科なのか、一緒に考えていきたいと思います。皆さんなら、きっと教科としての魅力を十分に知っていると思います。学校で必要とされる保健体育科教員を目指し、教材作りを中心に学んでいきましょう。

  • 林 淑美 准教授

    林 淑美 准教授
    [ 博士(医学) ]
    ■健康食事学
    ■解剖生理学

    大学生になると自分で選んで食事を取る機会が増えます。栄養についての新しい情報も日々進んでいます。食事と健康について学び、学んだ知識が実際に役に立つように自分の食生活を見直してみましょう。

  • 藤川 浩喜 准教授

    藤川 浩喜 准教授
    ■陸上競技
    ■エアロビックエクササイズ

    「走、跳、投」は運動の基本です。この3つは、多くのスポーツのパフォーマンスと密接な関係があります。どうすれば速く走れるのか、どうすれば遠く高く跳べるのか、どうすれば遠くに物が投げられるのかを考えることは、難しくとも楽しいことです。「走、跳、投」の効果的なトレーニングについて考えていきたいと思います。

  • 木田 京子 助教

    木田 京子 助教
    ■スポ−ツ指導論
    ■ソフトボール

    コーチ(指導者)の役割は、プレイヤーの目標に少しでも近づけるためにサポートすることです。
    これには、情熱・それぞれの種目に対する知識や情報が必要です。スポーツを行う人が楽しく安全に取り組める現場を、将来みなさんが作るためにも一緒に学びましょう。