スポーツ振興センターの役割

 園田学園女子大学・園田学園女子大学短期大学部のスポーツ振興センターは、将来のスポーツ界を担う人材の育成や個性豊かで健全な肉体と精神を持つ自立した女性の育成を目的として設置されております。
本センターの業務は、目的のもとに大まかに次の4つに分けられます。
 
(1)スポーツを通じた地域への貢献
 

 本学で行われるスポーツに関する教育・研究の成果を地域社会へ還元することを目標に地域社会に対して、スポーツイベントやスポーツ教室を開催しています。これらのイベントは学生が中心となり開催しているため、学生が地域社会と交流し、成長するための重要な機会になると考えています。

 
(2)正課授業に対する補助・支援
 

 本学で実施されている体育実技の正課授業の補助業務を行うとともに、授業で利用される設備や機器の維持管理を行っています。

 
(3)強化クラブの管理・統括

 クラブ学生の育成や本学のスポーツの発展に寄与することを目標に、本学の発展に寄与するとして指定された体育系強化クラブ8クラブ(※)を統括し、その活動を支援しています。

(4)学内でのスポーツ振興

 クラブ学生のみならず、非クラブ学生も含めた学内でのスポーツ活動の振興を図るため、スポーツ施設の管理と施設の利用促進を図っています。

 スポーツ振興センターでは、学内外の皆様からお力添えをいただき、将来のスポーツ界を担う人材や個性豊かで健全な肉体と精神を持つ自立した女性の育成を目的として業務に励んでまいります。 今後とも変わらぬご支援・ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

※テニス部、ソフトボール部、バスケットボール部、バレー部、剣道部、陸上競技部、駅伝競走部、バドミントン部の8クラブを指します。

↑ページ先頭へ戻る