NEWS

更新日:2018/07/25

【総合健康学科】授業「救急処置法」で学ぶ、いざという時の対応

総合健康学科では先日「救急処置法」の授業で実技の授業を行いました。人体を模した人形を使用して心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使い方について学びました。

学生の中には過去にも中学校や高校で救急救命講習を受講したことのある者もいましたが、救急処置法を適切に実施するには反復して練習することが大切です。授業では、万一の際には躊躇することなく救命処置が行えるよう、皆真剣な表情で取り組んでいました。

全国的に非常に暑い日が続き、夏のレジャーが本格化する中、今回学んだ技術が必要な場面も想定されます。それ以外でも救急処置は養護教諭や保健体育教諭、スポーツ指導者をめざす学生として、必要不可欠な知識と技術です。学生にはこの授業を通して緊急事態にも落ち着いて行動できるよう成長してもらいたいです。

PAGE TOP