NEWS

更新日:2018/08/04

【ファースト基礎実習が終了しました】

 7月の一週目に2年生の初めての臨地実習「ファースト基礎実習」が実施されました。1グループ4〜5名の少人数で構成されており、1学年18グループが5つの病院に分かれて4日間の実習を行います。

事前に学内で受け持たせていただく患者さんを想定し、技術練習や座学の復習をたくさんしていても、実際に臨地に行くと、基礎知識からの応用が多く、さらに知識、技術の向上が必要だと思ったそうです。そして、疾患を持つ患者さんを看ていくには、人間力も必要だと気が付いた、と振り返っていた学生もいました。

臨地実習4日目には豪雨に見舞われましたが、大学内だけでは気が付かない学びも多いため、実習となり、実際に看護師の行動、言動を通して、より具体的に看護を考えることができたようです。

PAGE TOP