NEWS

更新日:2018/10/19

まちの保健室実習

園田キャンパス「まちの保健室」は、地域住民の方々の健康増進を目指し、兵庫県看護協会と園田学園女子大学の教員が運営している健康相談室です。教育の場として看護学生も参加、実践しています。
この日は学生16名がまちの保健室実習に参加しました。8名の学生は、教員の指導のもとに身長、体重、体脂肪、血圧、脈拍の測定で行います。学生同士で測る機会はあるものの、まちの保健室来室者の測定は初めてです。この日のために、どのようにすれば良いか、一生懸命考え、たくさん準備、練習をしていても、いつもと違う環境に緊張で顔が強張ります。
上手く測定できると、学生から安堵した様子で笑みがこぼれました。学生の顔を見て来室者の方もにっこり笑顔。まちの保健室が温かい雰囲気になり、「学生さんに会えるのも、ここに来る理由よ」と楽しみにされていることをお話ししてくれました。

PAGE TOP