お知らせ

更新日:2018/10/21

【近松研究所】2018年度企画展示「役者評判記展」(後期)のご案内

本学近松研究所で、10月20日のオープンキャンパス・けやき祭より、2018年度企画展の後期展示を開催しています(2019年1月31日まで)。

今年度は、江戸時代を通じて約200年間出版され続けた、歌舞伎役者の芸評の書、役者評判記を展示いたします。歌舞伎役者の芸風や当たり役、舞台面を再現するばかりでなく、役者を位付(くらいづけ)や順位によってランキングし、その時どきの役者の評価を明確に示している、興味深い資料です。

後期は、冊子体のものから、浮世絵など様々な形態の役者評判記への展開を展示します。この機会に、近松研究所で、江戸時代の人びとが愛した歌舞伎文化の貴重な資料をお楽しみください。


※諸事情により、後期の展示期間が変更となりました。来年1月31日まで開催していますのでどうぞお出かけください。

PAGE TOP