NEWS

更新日:2019/07/26

【食物栄養学科】尼崎市内中学校で「野菜を食べよう!」の授業参観をしました。

栄養教諭をめざす4年次生が、「教職実践演習」の授業の一環として、6年前から尼崎市内の中学校で食育の授業を行っています。今年は12月上旬に、6校目となる日新中学校において、2年生の家庭科の時間に「バランスの良い食事の選択(仮)」についての授業を予定しています。

今回は、授業準備のために、日新中学校の2年2組の家庭科「野菜を食べよう!」の授業を参観させていただきました。尼崎市の中学校では学校給食が実施されていないため、栄養教諭が配置されておりません。
授業では、尼崎市の健康支援推進担当の保健師の方に来ていただいて、生活習慣病予防をテーマに動脈硬化になるまでの様子や1日の野菜摂取目標量について学んでいました。

今回の参観では、苦手な野菜をがんばって食べている生徒たちの姿が印象的でした。また、学生にとっては、中学校で栄養教諭に求められる健康と食生活を結びつけた食育の授業を学ぶよい機会となりました。

実施日:令和元年7月16日(火)

PAGE TOP