お知らせ

【学長メッセージ】第2学期の授業の開始にあたって

学生・保護者の皆様へ

皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症によりキャンパスで友達と語らい、学び合い、ともに成長することが困難になり、通常とは異なる授業形態や日常生活へのストレスを強く感じている方も多いのではないかと心配しています。

本学では、学生の皆さんの命と健康を守りながら、学びを継続し、学修を保障するため、4月の緊急事態宣言の発令を受けて今年度の第1学期の授業は、原則オンラインを活用した遠隔授業にいたしました。そして、6月15日からは実験・実習・実技の授業に限り、短縮授業で一部対面授業を再開しました。この間、学生の皆さんには真摯にオンライン授業や課題に取り組んでいただいたことに感謝いたします。

さて、9月12日から始まる第2学期は「新型コロナウイルス感染拡大防止のための園田学園女子大学・園田学園女子大学短期大学部の活動指針」教育(授業)レベル3とし、遠隔授業を継続しますが、感染防止措置の上、対面授業(70分の短縮授業)を実施いたします。しかしながら、今後の感染拡大状況によりましては、方針を変更することがあります。その際には、大学では十分な準備とサポートを引き続き行って参りますので、ご理解くださいますよう、お願いいたします。

本学教職員は、学生の皆さん一人ひとりとしっかり向き合っています。困ったことや相談したいことがあれば、学科の先生方や教務課・学生課に遠慮なく連絡してください。

本学は、多様な社会とのかかわりの中で「経験値教育」を実践してきました。人との出会いや社会との関わりなど、大学での生活をきっかけに生まれるさまざまな「経験」こそ、 人が成長するために欠かせないものだと考えてきました。しかし、これまでどおりの人や社会とのつながりを持つことはできません。そのような中でも、今後を生き抜く経験値を高めていただきたいと思っております。
 
最後になりましたが、現時点での感染状況では、若い世代の感染増加が危惧されています。引き続き自分と他者の健康を守るため、学生の皆さんもそれぞれの場所において、感染防止対策を意識して本学学生として責任ある行動を取っていただくよう、お願いいたします。
一日も早く皆さんの元気な姿で満ち溢れるキャンパスに戻ることを願っています。

園田学園女子大学
園田学園女子大学短期大学部
学長 川島明子