メディア掲載

第31回伊藤園お~いお茶新俳句大賞にて18作品が入賞しました!

「第31回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」で本学の学生18名が入賞・入選しました(佳作特別賞7名、佳作11名)

本学の大学、短大全学科で開講されています「日本語表現」の授業の一環で、毎年応募している伊藤園お~いお茶新俳句大賞。本学からの新俳句大賞への団体応募は7度目ですが、今回は入賞者多数の優秀校に授与される「優秀学校賞」も頂きました。
※今年度(第31回)は国内外から約195万句の応募があり、その中から2000句(975句に1句)が入賞。

入賞者の俳句が掲載されたお茶のペットボトルは全国で発売予定です。

入賞作品(佳作特別賞)

脱皮する蝉の白さや木の香り

  陰山さん(食物栄養学科 2年生)

浴衣見て三日前から浮かれてる

  立石さん(総合健康学科 2年生)

海月みて交わる視線ガラス越し

  田中さん(総合健康学科 2年生)

今日の日が氷とともに溶けてゆく

  仲川さん(総合健康学科 2年生)

田舎道アイスと一緒に影並ぶ

  濵田さん(食物栄養学科 2年生)

海月刺す私の恋は泡の中

  松尾さん(生活文化学科 2年生)

夕立に降られた我が子に風呂わかす

  宮谷さん(人間看護学科 2年生)