Education Through Experience in Amagasaki, Hyogo

SONODA Women's University / SONODA Women's College

短期大学部 幼児教育学科

子どもに寄り添い保護者も支える
頼れる保育者をめざす

「子どもが好き」「幼稚園の先生や保育士になりたい」そんなまっすぐな気持ちを受け止めて、大きく育て、一人ひとりの夢をカタチにしていきます。本学でもっとも伝統ある幼児教育学科は、他大学に負けない歴史と実績、そして高い就職率が大きな強みです。2019年度からは3年コースを新設し、スタディ・ライフ・バランスに合わせた学び方を提案しています。

学びのPOINT

一人ひとりの描くキャリアに応じた学びのスタイルを提供しながら、確実に力がつく体制を整えています。

  • 01
    幼稚園教諭と保育士、
    全員2つの資格を
    取得可能

    保育士定員に人数制限のある大学が多いなか、本学科では全員が幼稚園教諭二種免許と保育士資格の両方を取得できます。2つの資格が求められる「こども園」への就職など将来の可能性が広がります。

  • 02
    スタディ・ライフ・
    バランスに合わせて
    履修期間を選択

    最短で保育者をめざす「2年コース」と、午後の時間を自由に使える「3年コース」を設置。カリキュラムの内容と授業料の総額は同じで、自分の学びのスタイルに合わせて選択することができます。

  • 03
    4週間連続の
    幼稚園実習で集中的に
    実践力を修得

    本学科では4週間連続で幼稚園実習を実施。「現場に慣れる」、「理解を深める」ステップを踏み、短期集中で経験値を高めます。

2年コースに向いている人
早く
社会人として
働きたい人
自己管理が
苦手で
支え合う仲間
がほしい人
学生一人
暮らしの
生活費を
2年分で
抑えたい人
授業の
空き時間や
昼休みを
学内で満喫
したい人
3年コースに向いている人
学業と仕事・
アルバイトを
両立
させたい人
クラブや
ボランティア
などの
課外活動を
頑張りたい人
課題やピアノ
など、特定の
スキルアップ
に時間を
かけたい人
将来を
ゆっくり
考えたい人

〈取得可能な資格〉

幼稚園教諭二種免許/保育士/
こども音楽療育士/准学校心理士

私が積み重ねた“経験値”

  • CASE1
    実習やゼミを通して知識とスキルを磨いた
    充実の2年間。

    座学や模擬保育を通して基礎知識や技術をしっかりと修得し、1年次後半から始まる保育実習に臨みました。私は保育所、幼稚園、施設での実習を経験。それぞれ違った学びがあり、多くの子どもたちや先生方と接することで、幅広い実践力が身につきました。2年次の後半には美術のゼミに所属し、卒業制作に没頭。作品づくりに集中して取り組む楽しさを味わえただけでなく、保育現場でも生かせる制作スキルを磨くことができました。

    幼児教育学科 2年コース 2年 N・Yさん
  • CASE2
    保育におけるチームワークの大切さを
    現場で実感。

    まだ実習経験が浅かった1年次は、模擬保育を行っても自分のことで精いっぱい。学科の友人と意見を出し合ってお互いの良いところを取り入れ、実践を積み重ねていくことで、より良い模擬保育ができるようになっていきました。2年次の「保育実習Ⅱ」では、2歳児クラスを2週間経験。複数担任で保育を行い、チームワークの大切さを実感しました。卒業後の現場では、保育士としてチームで協力し助け合う精神を大事にしていきたいです。

    幼児教育学科 2年コース 2年 T・Rさん
  • CASE3
    自由な時間を生かして色んなことに挑戦できるのは
    3年コースならでは。

    3年コースは午後からの時間を自由に使えるので、アルバイトや資格取得などさまざまなことに取り組めるのが魅力。私は大学生活に慣れてきた2年次から、保育園でアルバイトを始めました。大学の実習だけでなく、実際に園で働きながらもっと経験を積みたいと思ったからです。アルバイトを通して、実習だけではわからなかった園の日常や季節のイベントも経験し、長く接することで子どもたちの成長もより深く学ぶことができました。

    幼児教育学科 3年コース 2年 U・Aさん

2年コース

〈コースの特徴〉

年間を通して濃い学びを経験し、最短で保育者をめざせるコース。
資格取得に必要な基礎力だけでなく、専門性を高める授業が豊富にあります。
1日学内にいることで、空き授業や昼休みも仲間との絆を深められ、SONODAでの大学生活を満喫できます。

  • 01
    充実のカリキュラム

    資格取得に必要な知識・技術の修得や、子どもを理解し、寄り添う力を身につけるための実践的な学びが豊富です。

  • 02
    公務員試験対策も充実

    公立の幼稚園や保育所へ就職するための対策講座を開講。丁寧なサポートで将来の可能性を広げます。

  • 03
    障害児支援を学ぶ

    障害のある子どものこころを音楽で育む「こども音楽療育士」の資格を取得可能。さまざまな子どもの成長を支える技術を身につけます。

〈Student's Voice〉

  • 学びをすぐに実践し、
    短期集中で保育士に。

    早く社会に出て保育士として働きたいと思い2年コースを選びました。1週間の授業数が多いため、授業で得た知識をすぐに実習で生かすことができ、学びが経験として身についていくのを日々実感しています。2年という期間のなかで集中して学び、早く社会に出て身につけたスキルを実践していきたいです。

    幼児教育学科 2年コース 1年 S・Yさん
  • 面白い授業とメリハリで
    楽しく過ごす毎日。

    4週間の幼稚園実習を魅力に感じ本学科に入学。実習はもちろん、先生の工夫がつまった授業はとても面白く、表現や造形の授業では日々新しい発見があります。大学にいる時間が長いので先生とも学生同士も仲良く、楽しく生活しています。1年次にしっかり授業をとっておくと、2年次では自由な時間もつくりやすいです。

    幼児教育学科 2年コース 2年 K・Aさん

3年コース

〈コースの特徴〉

午前に授業を集中させ、午後に授業が入らない3年間を過ごせるコース。午後からの時間に余裕を持つことで、学生の間にしかできないクラブやボランティアなどを経験する機会が得られます。仕事との両立も可能で、働きながら夢を実現させることができます。

  • 01
    ゆとりのある学生生活

    幼稚園教諭・保育士取得のカリキュラムを3年に分けて履修。ピアノなど修得に時間がかかるものにじっくり取り組めます。

  • 02
    午後は自由に有効活用

    3年コースの授業は午前のみ。午後はクラブ活動やアルバイト、ボランティアなどの各自が取り組みたいことに活用できます。

  • 03
    授業料の総額は同じ

    2年分の授業料で3年間の学生生活を送ることができます。教員やカリキュラムも2年コースと同じです。

〈Student's Voice〉

  • 午前の学びを午後の保育バイトで実践。

    アルバイトと勉強の両立をするために3年コースを選びました。午後は保育アルバイトに使い、保育の現場で日々実践力を培っています。特に授業で学んだ手遊びを用いて子どもたちと意思疎通ができたとき、とても成長を実感できました。午後の時間を有意義に活用し、さまざまな経験を得ながら、じっくりと将来について考えることができるのは3年コースならではです。

    幼児教育学科 3年コース 1年 O・Mさん
  • 自分の時間を大切に使える3年コース。

    小さい頃から取り組んでいるダンスを続けたいと思い、3年コースを選びました。午後はアルバイトに、夕方からはダンスに時間を活用。自分の時間を大切にしながら保育の勉強や資格取得に取り組んでいます。将来は私ならではのスキルとしてダンスを活用し、子どもたちの遊びや体力づくりの運動を考え、子どもの成長に寄り添える保育士になりたいと思っています。

    幼児教育学科 3年コース 2年 U・Iさん
  • アルバイトや趣味の時間が充実。

    保育士と幼稚園教諭の資格取得をめざして入学。3年コースを選んだのは、午後をアルバイトや趣味の時間に充てたいと考えたからです。練習時間がたくさん取れたおかげで、ピアノの技術も上達しました。オープンキャンパスにスタッフとして参加し、他学科の友達が多数できたのもよい経験になりました。普段のアルバイト先はカー用品販売店。好きな車に関われるのでとても充実しています。

    幼児教育学科 3年コース 2年 M・Hさん

授業PICK UP

※授業は2年・3年コースで共通です。

  • 声楽(1)(湯浅先生)

    子どもとの生活や遊びにおいて必要となる音楽的知識や実技について学びます。基本となる正しい呼吸法や発声法、楽譜の読み書きなどを身につけ、豊かな歌唱力・表現力を養い、保育士として自信を持って子どもたちに接する指導力を伸ばします。

  • 図画工作(倉科先生)

    子どもの生活と遊びを豊かに展開していくために必要な、美術の基礎的な感覚・知識・技術を磨きます。各材料の使い方や安全で正しい道具の使用法を体得する基礎編から、さまざまな表現技術を学ぶ応用編へと段階的に進めていきます。

  • 保育内容指導法 言葉(向井先生)

    身近な人やものとの関わりの中で言葉を獲得していく乳幼児の言葉の特徴や機能について理解し、保育内容の領域「言葉」について学びます。絵本の読み聞かせ等の指導案作成を通して、どのような援助をすれば豊かな言葉へとつながるのか考えます。

  • 保育・教職実践演習(幼稚園)(田邉先生 他)

    保育者・教育者としての職務内容、責任、社会性や人間関係能力、子ども理解等について講義・グループ討論・ロールプレイングで進めます。保育実践力向上に向け、指導計画・指導案作成、模擬保育等に取り組み、幼稚園での実践学習も行います。

  • 器楽(1)(中村愛先生)

    ピアノのレッスンを通じて、マーチの演奏や童謡の弾き歌いなど保育者として必要な音楽的感覚や基礎技術を身につけ、子どもの心を捉える表現法を学びます。子どもとともに音楽を楽しみながら、発達を促せる保育者をめざします。

  • 体育(中村泰介先生)

    子どもの発達に必要不可欠な運動・遊びの動作や指導法、安全管理能力について学びます。鬼ごっこなどの遊びや、マット・跳び箱を使った運動、表現リズム遊びなど、さまざまな動作を取り上げ、実践的な指導力を身につけます。

  • 保育内容指導法 人間関係(久保田先生)

    教育要領等における「人間関係」領域の目的について理解した上で、幼児の発達にふさわしい主体的・対話的な学びを実現する保育を具体的に構想し、実践する方法を身につけます。授業では模擬保育、グループワークも行います。

  • 発達心理学(1)(鈴木先生)

    胎児期から幼児期における子どもの心の発達について、人や物との関わり方の変化から学びます。「自己」の理解や情緒、認知、言語の発達、友達や先生との関係性などについて、具体的な事例や自身の体験を取り上げながら理解を進めます。

教員一覧

少人数だからこそ、一人ひとりに目が届く距離でサポートします。

施設紹介

  • そのだ子育てステーション ぴよぴよ

    地域連携の一環として、未就園児と保護者を対象に子育て支援を行っています。子どもや保護者と直接ふれあう貴重な機会がキャンパスのなかにあることで、地域における保育について深く考えることができるようになります。

  • 実習支援室

    実習(幼稚園・保育所・施設)についていつでも相談できる部屋です。学生と年齢が近い常駐スタッフは親しみやすく、保育経験も豊富な頼れる存在。履修や学生生活など、実習以外のことについても相談に乗ってくれます。

就職DATA

就職率100%(2021年3月卒) 職種別進路割合(2020年3月卒)

進路実績(2019~2021)

【保育士】社会福祉法人あい猪名の森保育園、社会福祉法人髭茶屋福祉会潮保育園、社会福祉法人真澄会西武庫みのり保育園、社会福祉法人浜田保育園、社会福祉法人神戸YMCA福祉会西神戸保育園、社会医療法人渡邊高記念会西宮渡辺病院、社会福祉法人阪急福祉会まつぼっくり保育園、社会福祉法人つくしの朋甲子園子ども学舎、社会福祉法人三光事業団ひかり保育園、社会福祉法人大慈厚生事業会社会福祉法人めぐみ会宝塚仏光保育園、社会福祉法人翠福祉会みどりこども園、社会福祉法人勝原福祉会神戸住吉保育園、アートチャイルドケア株式会社済生会兵庫県病院なでしこ保育所、社会福祉法人報恩感謝会幼保連携型認定こども園大同保育園、社会福祉法人弥生会パステル保育園、社会福祉法人サン福祉会さんだのもり保育園、社会福祉法人勝原福祉会幼保連携型認定こども園尼崎長洲保育園、(株)ウェリナ ウェリナ保育園(、株)オーロBAMBINO、社会福祉法人樅の木もみの木保育園【幼稚園教諭】学校法人兵庫カトリック学園みこころ幼稚園、学校法人あけぼの学院認定こども園立花愛の園幼稚園、宝塚ふたば幼稚園、学校法人豊中稲荷学園宮山幼稚園、学校法人服部幼稚園、学校法人熊澤学園幼保連携型認定こども園若松幼稚園、学校法人西野学園緑台幼稚園【 保育教諭】学校法人りんでん学園りんでん認定こども園、学校法人近田幼稚園認定こども園近田幼稚園、学校法人白ゆり学園認定こども園白ゆり幼稚園【生活支援員】社会福祉法人さざんか福祉会、社会福祉法人福成会【 事務職】 国分西日本(株)、中央電機(株)【 営業事務職】日本通運(株)【 販売職】 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド(、株)プチバトージャパン(、株)エイジェック【 サービス職】( 株)エム・シーネットワークスジャパン【 スポーツインストラクター】リーフラス(株) ほか

〈OG Interview〉

  • 幼保連携型認定こども園 姫路東こども園
    在学中の現場での経験から
    子どもに寄り添う姿勢を学びました。

    幼少期から保育士をめざしており、実践で学ぶ機会が多い本学を選びました。現在は認定こども園に就職し、1歳児クラスを担当しています。1歳児クラスは発達の個人差が大きく、たくさんお話できる子もいれば一語文や二語文で伝える子までさまざま。一人ひとりにしっかり向き合い、子どもたちの良い部分を引き出せるように意識しています。幼児期の成長に寄り添う責任は重大ですが、とてもやりがいを感じており、子どもたちにこども園で過ごす時間を楽しんでもらえるよう、日々工夫しています。

    幼児教育学科 2年コース 2018年3月卒業
    M・Mさん

  • パステル保育園
    子どもだけでなく自分自身の成長も
    実感できる学びがありました。

    本学科での学びで印象的なのはやはり実習です。初めての保育実習では子どもの自立に向けて生活面をサポートする1日の流れを体験し、保育士になりたい気持ちがより強くなりました。また、大学では同じ夢を持った友達と学べることが刺激になり、心の支えにもなっていました。2年次の保育実習では1年次と同じ保育園で同じ子どもを担当。1歳児から2歳児になった子どもの成長を感じるとともに、自身もできることが増えて力がついていると実感しました。今後も子どもたちとともに成長していきたいと思います。

    幼児教育学科 2年コース 2020年3月卒業
    I・Aさん