Education Through Experience in Amagasaki, Hyogo

SONODA Women's University / SONODA Women's College

人間健康学部 食物栄養学科

「食」から健康的な生活を支える経験豊富な管理栄養士をめざす

「食べ物に興味がある」「料理やお菓子づくりが好き」な人から、「食べ物で人を幸せにしたい」という社会人へ育てます。
その近道となるのが管理栄養士という資格です。豊富な実習などを通じて、アスリートの健康管理、学校や病院での栄養指導など、
活躍の場が多い管理栄養士を育成します。

学びのPOINT

学内と学外で展開する学び、授業や実習などさまざまなイベントを通して将来への経験値を獲得します。

  • 01
    「スポーツのSONODA」
    ならではの実践的実習

    公認スポーツ栄養士による専門的な指導を受けながら、運動時の身体の特徴を栄養学の基礎から学び、スポーツ栄養マネジメントに基づくスポーツ現場の実際を体験できます。トップアスリートが身近にいるからこその、スポーツのSONODAならではの強みです。

  • 02
    企業との共同研究などで
    地域や現場のリアルを知る

    1年生のうちから企業と共同研究や学外でのイベントに積極的に参加できる機会が豊富にあります。管理栄養士としてのスキルに留まらず、食と栄養の知識を生活の中でどのように活かせるのかを食品開発プロジェクトなどの実践を通して学びます。

  • 03
    文系でも安心!
    理科系科目を丁寧に指導

    栄養学の基礎となるのは化学や生物といった理科系科目で、管理栄養士の国家資格試験でも出題されます。文系だった学生や、理系科目が不得意な学生も栄養学を安心して学べるように、少人数の2クラスで丁寧に指導します。

〈取得可能な資格〉

管理栄養士[国家試験受験資格]/栄養士/栄養教諭一種免許/フードスペシャリスト[受験資格]
食品衛生管理者[任用資格]/食品衛生監視員[任用資格]/NR・サプリメントアドバイザー[受験資格]

「管理栄養士」とは?

厚生労働大臣が認定する国家資格です。
専門知識と技術を生かし、療養や健康保 持のための栄養指導、施設などでの給食管理や栄養管理を行います。

「栄養教諭」とは?

子どもの健康を守るため栄養や食事のとり方などについて指導する教員です。
家庭科や保健体育の授業の一環として、直接児童・生徒に指導が行えます。

〈かなうワタシ像〉

病院の
栄養指導職
学校・保育園の
献立立案職
給食会社の
調理職
食品メーカーの
商品開発職
食品メーカーの
広報宣伝職
スポーツ選手の
健康指導職

私が積み重ねた“経験値”

  • CASE1
    知識も資格も現場経験も
    仕事に直結するさまざまな学びを
    得ることができました。

    ゼミや実習では学内での学びを現場で実践することで得られた気づきがたくさんあります。特にゼミでは日本初の栄養機能食品のマヨネーズ開発に携わり、試行錯誤を繰り返して商品化に成功。商品開発の進め方など他では得られない経験をすることができました。卒業後は食品メーカーで管理栄養士として働き、人々を笑顔にできるような商品の開発に挑戦していきたいと思います。

    食物栄養学科 4年 N・Rさん
  • CASE2
    日常のさまざまな場面で
    栄養学の知識を生かせる喜び。

    1年次に履修した「地域栄養学Ⅰ」では、学園祭の食健康フェスティバルでのレシピ提供を行いました。3年生の先輩からアドバイスをもらいながら、ぎりぎりまで何度も試作を重ねてレシピが完成。当日は地域の方々とも交流でき、貴重な経験を得ることができました。日常生活のなかでもさまざまな場面で栄養学の知識が役立つので、学ぶ楽しさを日々実感しています。将来は管理栄養士の資格を取得し、歯科医院で働くことが目標です。

    食物栄養学科 3年 N・Mさん
  • CASE3
    ノートテイクを通じて、
    聴覚障害のある友人の学びを支え
    自身も成長できました。

    食物栄養学科で学びながら、同じ学科の聴覚障害のある友人のためノートテイクを行っています。ノートテイクとは、聴覚障害のある方が授業を受けられるように、先生が説明した内容を書き起こしサポートすること。授業の内容や会話を頭のなかで整理してその場で書き起こすのは大変ですが、理解が深まるとともにやりがいを感じています。授業のスピードが速いときは一緒に復習をするなど、支え合いながら勉強に取り組んでいます。

    食物栄養学科 4年 N・Tさん

カリキュラム

3つのベーシックスキルをベースに、スペシャリストをめざす。
私だけの強みを持つ管理栄養士へ。

〈Special Skill〉

SONODAならではの2分野であなただけの強みを獲得できます。

スポーツ

公認スポーツ栄養士の教員から専門的なスポーツ栄養学を学べる全国でも屈指の環境です。高校や大学のスポーツ部員といったアスリートに特化した献立、調理など、栄養面のトータルマネジメントができるスキルを身につけます。

Action
  • 選手のパフォーマンス向上を目標とした栄養教育
  • そのだスポーツ栄養ナビステーションで選手と学ぶ栄養指導法
  • 選手合宿に帯同して食事の提供を実践

+

食品開発

「食べてみたい」という思いから、設計図を描き、開発手法の考え方を学びます。こうした“ものづくり”の経験に加え、商品を流通・販売するまでを学ぶ授業、工場見学の機会などもあり、就職後にも役立つ知識と経験が得られます。

Action
  • 工場見学で食品の開発・製造・流通の現場を知る
  • 学生による模擬開発で食品開発を経験する
  • 食品会社と共同した開発の実践で就職に生かせる

〈Basic Skill〉

管理栄養士として必要な知識と技能を実践的に身につけます。

臨床栄養

栄養状態の把握、栄養素の計算、おいしさの工夫など、献立づくりを通じた栄養管理を学びます。実習では、クリニックと連携した糖尿病食の試作、住民を交えての料理教室も経験。卒業後は病院や保健所などで活躍します。

調理

栄養学の観点から調理の必要性を学び、食材の風味、食感、色調などを生かしながら食べ物をつくる過程を知り、おいしさや必要な栄養を得るために必要な調理の技術を楽しみながら習得することができます。

食育

子どもに対し栄養指導を行う「食育」を実践的に学べます。学校や地域のなかで、子どもや保護者とふれあいながら多くの活動や実習を通して、食育の担い手「栄養教諭」に求められる経験を積むことができます。

〈PROJECT Action〉

管理栄養士をめざす学生が(株)籠谷との産学コラボ商品開発にチャレンジ!

卵とその加工品の製造販売を行っている株式会社籠谷に勤める本学科卒業生から、産学コラボ商品の開発の提案を受け、新商品開発プロジェクトが始動。「おいしくて安心、そして健康的な商品」をコンセプトに、「日本初の栄養機能食品のマヨネーズ」を作ることに。約30回にも及ぶ試作・配合を繰り返し、商品名やロゴ、パッケージ等の検討、そして役員プレゼンを経て商品化に成功しました。兵庫県内のスーパーなどで市販化され、マスコミからの取材対応もこなした学生は大きく成長しました。

授業PICK UP

  • 解剖生理学Ⅰ

    人体を構成する細胞、組織、器官について学習する授業です。ヒトの生命を維持するための基本的な機能を持つ消化器系、呼吸器系、造血器系、循環器系がどのように配置され、どのように働いているかを学びます。

  • 生化学実験

    生化学の講義で学んだ知識を実験によって再確認することを目的としています。タンパク質の定量や酵素反応実験に加え、近年使われるようになった遺伝子実験を体験し、実験器具の使い方やデータを解析する力を身につけます。

  • 病理病態学Ⅰ

    病気の原因や病気になったときに見られる細胞・組織・器官の変化を理解します。また、炎症の意味や炎症による臓器障害がどのような機序で起きるのかについて、免疫・アレルギー、感染症、老化をテーマに学びます。

  • 食品学各論

    食生活と健康に関連する種々の食品について、食品成分が健康に与える栄養学的特徴、嗜好性、安全性、用途を科学的に理解し、農産、畜産、水産食品に分類された食品や、微生物を利用した食品について学びます。

  • 栄養学実験

    基本的な実験器具の取り扱いや試薬の調製などを学習します。タンパク質等の性質について学び、栄養素の分離や酵素を用いた消化実験も実施。実験を通して栄養学の基礎知識や実験の技術、レポート作成の基本を習得します。

  • スポーツ栄養Ⅰ

    スポーツ栄養サポートを行うための基礎知識を学びます。栄養講話や献立作成、合宿への帯同を通して、スポーツ選手と接するなかでコミュニケーション力を身につけたり、身体計測や食事調査で栄養アセスメントを理解したりします。

  • 栄養カウンセリング

    ニーズに合った栄養指導を展開できるよう、自己理解を深めて健康行動へ導くカウンセリング基本技法の習得をめざし、ペア・グループで演習を行います。管理栄養士としての基本的姿勢や栄養指導に必要な面接技法を習得します。

  • 健康科学

    栄養士・管理栄養士として必要な知識とその応用のための基礎教育を講義中心に行います。小児から成人となり高齢に至るまでのライフステージを通した健康管理体制を学び、健康に関する知識を広く科学的な側面から学びます。

  • 薬理学

    人体の生化学的・生理学的基礎を学んだ後、それに関連した薬物の薬理作用について解説します。薬物に関しては、基本的なものの作用機序や多様性など性質について学び、薬物と生体の相互作用の的確な知識を習得します。

  • 臨床栄養学実習

    栄養上の問題が疑われた疾病者に対して問題点を明らかにし、栄養ケアプランを作成、実施、モニタリングする手順を演習により理解し習得します。栄養ケアマネジメントに必要な各種計測による評価・判定方法を習得できます。

  • 公衆栄養学実習

    地域や職場における公衆栄養活動を行うために必要な地区栄養診断、栄養疫学などの手法を、身近な集団を対象に演習し、データの収集、分析、評価の方法を学習。実際の調査結果を用いるため兵庫県民の健康づくりに貢献できます。

  • 給食計画論

    給食施設における給食の具体的な計画・実施について、栄養士業務の基本となる栄養計画、衛生管理、作業(調理)管理、危機管理など特定給食を主体とした具体的な業務に関して学習し、臨地実習で即実践できる能力をつけます。

  • 大量調理実習

    少量の調理実習で学んだ知識を大量調理実習で応用するにはどういう特性・工夫やコツがあるのかを体得し、衛生管理の基本項目、調理特性、加熱方法の違いによる食品の変化など、大量調理に役立つ知識や技術を身につけます。

  • 調理学

    調理とは、食品に何らかの手を加え物理的、化学的変化を起こさせ、食品をおいしく、または消化されやすくするために行われるもの。洗浄、切断、加熱などの調理操作による食品の変化を学び、科学的な視点で調理を捉えます。

  • 地域栄養学Ⅰ

    地域の生活に密着した栄養教育を実施できるよう学びます。地域の問題点を抽出し、学生として地域に対してどのような活動ができるか、グループ討議を行い、地域で活躍できる管理栄養士の役割を考え、スキルを磨きます。

教員一覧

少人数だからこそ、一人ひとりに目が届く距離でサポートします。

ゼミ紹介

スポーツ

選手のベストパフォーマンスに貢献

12年間のスポーツ経験のなかで、飲食がパフォーマンスに大きく影響することを実感していた私。ソフトボール部の合宿に帯同して献立作成や体調管理、助言まで行うなど、スポーツ栄養に関して実践的に学べる本学科はまさにうってつけでした。松本ゼミでは、日常生活における疑問や先生から提供されるテーマについて実際に調査します。スポーツドリンクやアイススラリーなどさまざまな飲料を対象に、自身の身体を使って血糖値の上がり方を調べたときは、企業の示す効果が本当なのかなど、身近な疑問を自ら解明する楽しみを知りました。スポーツ現場で求められる存在をめざして、今後も頑張ります。

食物栄養学科 4年 H.Y.さん

食品開発

目標は「食で人を幸せに」

食に関するさまざまな授業を受けるなかで、自分で考えた商品を形にする面白さを知り、商品開発に携われる渡辺ゼミを選びました。商品開発はただつくれば良いというものではなく、その商品が流通することでどのように社会へ貢献できるのかを考える必要があります。おいしさと健康を追求した商品開発に取り組める点にやりがいを感じています。食べることが大好きな私の目標は、「おいしいものを我慢せずに食べることができる社会の実現」。その実現に貢献するためにも、さまざまな食のニーズに対応できる管理栄養士をめざし、他のゼミ生と協力しながら研究や国家試験対策に取り組んでいます。

食物栄養学科 3年 F・Mさん

臨床

「病院で働く」を学べるゼミ

辻ゼミを選んだのは「病院で働く管理栄養士」に興味があり、病院の現場で管理栄養士として働いていた経験のある先生のもとで学びたいと思ったため。先生との距離も近いので病院での実際の様子を深く知ることができます。卒業論文では、新型コロナウイルス感染症をテーマにゼミ生全員で執筆。私はコロナ禍や自粛生活のなかで身体に変化があったかどうかを学生にヒアリングしました。1つのテーマを共同で書き上げることは大変でしたが、うまく作業を分担し、全員で意見を出し合いながら協力して進めることができました。臨床の現場に興味がある方にはぜひともめざして欲しいゼミです。

食物栄養学科 4年 I.M.さん

応用栄養

幅広い実践の場で栄養管理を学ぶ

自分自身が部活動に打ち込んできた経験から、スポーツ選手を食の面からサポートできる栄養士をめざして本学科に入学。なかでも応用栄養を専門とする松葉ゼミでは、運動部への献立提供や補食の作製、栄養指導といった実践的な活動ができます。尼崎の伝統野菜である「尼いも」を用いたレシピを考案・試作するなどして地域に貢献できたのも良い経験でした。卒業論文では、2年次に行った大学生の食事調査と食事傾向の分析データを利用し、そのデータをより理解しやすくするために食べ方の現状分析ができるシステムを開発。就職先でも選手への効率良い栄養管理に活用できそうです。

食物栄養学科 4年 K.Y.さん

食育

「食」から人々の健康に関わる

「医食同源」という言葉が示すように、食べ物は健康に影響を与えます。私は医療とは異なった側面から健康について考えたいと思い、栄養学を学ぶことにしました。現在ゼミで学んでいる公衆栄養学は他の栄養学の分野とは少し異なり、人体・食品の構造や成分に着目するのではなく、それらの知識を踏まえて人の暮らしにアプローチします。例えば「中学生の朝食欠食率について」「高齢者の低栄養」など、身近な健康・栄養問題をテーマとしており、とても奥が深く興味深い学問です。卒業後は大学院に進学 し、将来は世界の栄養問題に関わる仕事に就きたいと考えています。

食物栄養学科 4年 N.M.さん

SONODAの試験対策POINT

  • POINT1
    管理栄養士国家試験
    合格率96.1%(2017〜2020年 平均合格率)

    毎年、多くの学生が臨む国家試験において、数年にわたり安定した合格率を収めています。その秘訣は、少人数制ならではのきめ細かいフォロー体制にあり、1人でも多くの学生が夢を叶えられるように、いち早く対策に取り組んでいます。

  • POINT2
    入学直後から対策講座を開講

    1年次から対策講座を実施し、長期休暇には集中講義や模擬テストを行います。さらにテスト結果を教員とともに振り返り、再試験を繰り返しながら基礎を固めていきます。4年次からは国家試験対策講座を毎週開講し、各専門分野の教員が徹底的に指導します。学習状況によっては、補習などのフォローも行っています。

  • POINT3
    一人ひとりに合わせた手厚い指導

    苦手分野は専門教員が強化試験や講義でフォローするほか、4 年次には個人面談を年2回実施して改善点をアドバイスします。またゼミにおいても、担当教員から個別に指導を受けることが可能です。そのほか、合格した先輩から体験談を聞く機会も設けています。

  • POINT4
    LINEを使って管理栄養士試験対策も!

    コミュニケーションツールを使って、試験対策の一問一答などを定期的にやり取り。少人数で個人を見てくれるSONODAだからこそできるサポートで、苦手なところもしっかり対策します。

taisaku2 taisaku1

〈管理栄養士受験までのスケジュール〉

※ステップテスト・・・分野別の理解度を図るテスト。
※ステップノート・・・国家試験の勉強方法を身につけるためのノート。ステップテストで間違えた設問や教科書で調べたワードを、学生が独自にまとめる。

STEP1

過去問題を徹底攻略

1〜3年次は自ら調べ、過去問ベースの模擬テスト、振り返りを教員とともに何度も繰り返します。

STEP2

国家試験対策講座

4年次からは成績をもとにクラスを分け、学生一人ひとりの理解度に合わせて指導します。

STEP3

先輩の体験談

学科一丸となってサポートする国家試験対策に加え、合格した先輩の体験談から勉強法や参考書などを知ることができます。

STEP4

模擬試験

学内だけでなく、学外の模擬テストも活用しながら、本番さながらの緊張感を体験します。

STEP5

個人面談

教員が学生の成績向上のために、一緒に改善策を考えながら、疑問や不安を解消し、やる気を引き出します。

STEP6

実践的授業

苦手な科目をなくすよう、それぞれの分野の専門教員が基礎と応用について授業で徹底指導します。

OG Interview

  • スポーツ

    ボスコヴィラ サッカー アカデミー

    栄養の側面から選手のパフォーマンスをサポート。

    高校3年間はソフトボール部に所属し寮生活を送るなかで、アスリート向けの食事の重要性を感じ、スポーツ栄養を深く学びたいと思うように。現在は管理栄養士として高校のスポーツ寮に勤務し、選手のパフォーマンスを栄養面から支えています。多人数向けの調理や試合中の補食タイミングのノウハウなど、在学中に学内クラブの合宿帯同で得た実践経験が役立っています。今後はスポーツに特化した公認スポーツ栄養士の資格を取得し、全国制覇というチームの目標に貢献していきたいです。

    食物栄養学科2020年3月卒業
    K.M.さん

  • 食品開発

    株式会社籠谷

    商品開発を通してより良い社会に貢献する。

    食を通じて人を笑顔にしたい気持ちから食品メーカーに就職。在学中の食品衛生学の知識や栄養に関する基礎研究が今の仕事に生きています。現在は開発職として、顧客の要望を反映した既存製品の改良や新製品づくりに携わっており、試作を重ねた商品が採用されたときにはやりがいを感じます。また企業の立場から大学との食品の共同開発も担当し、学生の意見や発想を生かしつつ舵をとって商品化に成功したことは良い経験になりました。そんなつながりを大切にしながら、食で社会を元気にしていければと思います。

    食物栄養学科 2017年3月卒業
    I.E.さん

  • 臨床

    西宮渡辺脳卒中・心臓リハビリテーション病院

    患者さんに信頼される管理栄養士をめざして。

    管理栄養士として働く母の姿に憧れ、同じ道をめざすように。大学の学びのなかで臨床栄養学を面白いと感じ、現在の職場を志望しました。主に入院患者さんの栄養指導や献立作成を行っています。症状によって食事が進まない人には、好物や食べやすいものを尋ねてメニューを工夫します。患者さんが食べられるようになったり、おいしかったと言ってもらえたりするのが一番嬉しいです。食事制限がある食べ物を食べたいと主張する患者さんを指導するのは大変ですが、信頼関係を構築し、納得のいく良い食事を提供できる管理栄養士になりたいです。

    食物栄養学科 2019年3月卒業
    M.T.さん

就職

就職率100%(2021年3月卒) 職種別進路割合(2020年3月卒)

進路実績(2019〜2021年)

【管理栄養士】(株)グリーンハウス、学校法人天理大学天理高等学校第一部、勾田寮、ゴダイ(株)、(株)サエラ、イフスコヘルスケア(株)、兵庫県立姫路循環器病センター、医療法人社団正名会池田病院、一般財団法人神戸マリナーズ厚生会ポートアイランド病院、医療法人錦秀会、加茂こども園、社会福祉法人博乃会、社会福祉法人親愛会幼保連携型認定こども園光愛児園、介護老人保健施設グリーンヒル満濃、ボスコヴィラ サッカー アカデミー、エームサービス(株)、(株)ケアフードサービス、(株)さくら【栄養士】岡山シーガルズ(株)、(株)サンドラッグ、(株)ココカラファインヘルスケア、(株)マルタマフーズ、社会福祉法人あかね、社会福祉法人まりも会なでしこ保育園、社会福祉法人勝原福祉会勝原保育園、(株)塩梅、日清医療食品(株)、ハートスフードクリエーツ(株)【栄養教諭】 小野市役所教育委員会【 研究・開発職】 ハマダコンフェクト(株)、(株)神明キッチン、(株)エイジェック、シノブフーズ(株)【 品質管理職】松田食品工業(株)、明治油脂(株)【 開発職】(株)阪急デリカアイ、(株)ファイン【製造職】(株)新保哲也アトリエ、THOTH COFFEE(株)(、株)淡路島フルーツ農園(、株)ロック・フィールド【生産職】( 株)コロワイドMD【 販売職】(株)スギ薬局(、株)ローゼン(、株)アルビオン(、株)ココカラファイン【営業職】日本レストランシステム(株)、(株)四国銀行、(株)ベネフィットジャパン、ホシザキ京阪(株)、ハニューフーズ(株)、(株)NHC、(株)くろがね工作所、菊水化学工業(株)【事務職】ネッツトヨタ神戸(株)、阪神調剤ホールディング(株)、(株)アルカ、デンソーテン(株)、積水ハウス不動産関西(株)、ミツウロコグリーンエネルギー(株)【 総合職】 日本物流センター(株)、くら寿司(株)(、株)ドロキア・オラシイタ【サービス職】( 株)ABC cooking studio、(株)LIXIL AdvancedShowroom、(株)OHANA、(株)ジェイアール東海パッセンジャーズ【医療事務職】( 株)アインファーマシーズ【 歯科助手】 辻中歯科医院【 インストラクター】 特定非営利活動法人フロー、(株)オージースポーツ【 エステティシャン】 株式会社ポーラ、TBCグループ(株) ほか