Education Through Experience in Amagasaki, Hyogo

SONODA Women's University / SONODA Women's College

人間健康学部 人間看護学科

豊かなこころでいのちと向き合い
確かな技術で支える看護師に

開設して15年目を迎えた人間看護学科は、全国平均より高い国家試験の合格率を維持しています。
取得可能な資格は「看護師」「助産師」「保健師」「養護教諭一種免許」の4種類。看護師以外は選択制となっています。
本学は、経験と知識の統合を目標としており、1年次からの学内演習、2年次では基礎実習に加え「まちの保健室実習」があり、
ステージ別に展開することによって看護に必要な「向き合う力」「実践する力」「連携する力」を修得できることが特徴です。

学びのPOINT

学内と学外で展開する学び、授業や実習などさまざまなイベントを通して将来への経験値を獲得します。

  • 01
    地域の医療機関と連携し、
    経験を手厚くサポート

    「地域医療」の観点でできるだけ多くの臨床経験が積めるよう、さまざまな医療機関と連携。最新の総合病院での豊富な臨地実習を用意しています。

  • 02
    入学~国家試験合格まで、
    一人ひとりを支える指導体制

    クラス担任とは別に、学生3~4人に対してひとりのCA(カレッジアドバイザー)教員が個別にサポートします。学生全員が目標をかなえられるよう、授業や学生生活はもちろん、実習や国家試験、就職活動まで責任を持って支援します。

  • 03
    少人数でより深く濃い経験が
    できる参加型の体験学修

    演習・実習・講義に加え、フォーラムやボランティア活動への参加など、数多くの体験学修を実施しています。これらをすべて少人数で行うことで一人ひとりの経験をより濃いものとして、知識や技術を着実に定着化していきます。

〈取得可能な資格〉

看護師[国家試験受験資格]
保健師[国家試験受験資格]【選択制】
助産師[国家試験受験資格]【選択制】
養護教諭一種免許【選択制】

私が積み重ねた“経験値”

  • CASE 1
    STEP1
    罹患の苦しみにどう応えるかが課題に

    「ファースト基礎実習」は、入院中の患者様と向き合うはじめての経験でした。患者様の苦しみを知り、胸が痛くなってしまい、私に何ができるのかを深く考えさせられました。

    STEP2
    患者様に寄り添う術前術後のケアを実践

    「成熟看護学実習」では手術の不安を話してくれた患者様の思いに寄り添い、術前の準備や手術の見学、術後ケアなどを行いました。少しは成長できた気がします。

    STEP3
    一人ひとりに合った看護の大切さを実感

    家にあるモノを使った看護を体験した「在宅看護学実習」が印象的です。当初は不安でしたが、実習を通じてメンタルが鍛えられたことは、私にとって大きな収穫です。

    人間看護学科 2019年3月 卒業 K・Mさん 明和病院 勤務
  • CASE 2
    STEP1
    表情から状況を読む貴重な体験に

    「ファースト基礎実習」の前日、担当予定の患者様の病状が悪化して会話ができなくなったのですが、非言語コミュニケーションの大切さを実感することができました。

    STEP2
    疾病予防に貢献する保健師になろうと決意

    「老熟看護学実習」で脳疾患による麻痺の患者様を担当し、「リハビリも大事だけど、発症を防ぐ手立てもあったのでは」と思い、保健師をめざす決意をしました。

    STEP3
    健康教育の成果は参加者の笑顔

    「公衆衛生看護学実習」のときに大きな地震が起き、実家に帰れず泊まりがけで健康教育に臨んだのですが、参加者に「ありがとう」と声をかけてもらって疲れが吹き飛びました。

    人間看護学科 2019年3月 卒業 Y・Mさん 滋賀県長浜市 保健師
  • CASE 3
    STEP1
    「まちの保健室実習」で血圧計測などを体験

    はじめて一般の人々の血圧などを計測しました。知識でしかなかった頻脈を確認したときは驚きましたが、どんな場面でも落ち着いて対応する大切さを学びました。

    終末期ケアで実感した患者様第一の姿勢

    「ファースト基礎実習」で、終末期の患者様の担当に。接し方に悩みましたが、体調に配慮した対応を心がけ、患者様を第一に考える意識が高まった気がします。

    STEP2
    寄り添うことで変化していく姿に感動

    統合失調症の影響で無反応だった患者様が、寄り添い続けることで変化していく様子に感動しました。私を頼って腕をつかんでくれた、手の温もりは忘れられません。

    看護技術を高めたい気持ちがより強く

    生活援助や看護の難しさを感じたのは、洗髪にもリスクをともなう複合疾患の患者様をケアしたときです。次の実習には、知識と手技をもっと高めて臨もうと決意しました。

    人間看護学科 2020年3月 卒業 U・Mさん

授業紹介

  • 生活援助論・演習

    生活行動すべての援助技術を
    ヒューマンケアの視点から身につける。

    手指衛生などの感染防止の技術、ベッドやリネンの扱い方、ベッドメイキング、病室の環境整備、車イスやストレッチャーの移乗、体位変換、睡眠・休息の援助、清潔・衣生活援助、苦痛の緩和、歩行や移動といった活動援助など、生活援助技術の基本知識と援助技術を、実践を通じて修得します。

    治療援助論演習 採血

    モデルを使って注射や採血などの技術を獲得する。

    呼吸・循環を整える技術や、酸素吸入・口腔内吸引、栄養注入、導尿、浣腸、注射、採血など基本的な診療補助を正確で安全、安楽に行う技術を修得します。

  • 公衆衛生看護活動論Ⅰ

    統計データをもとに地域の健康課題を考察する。

    保健師をめざす3年次生が取り組む演習です。尼崎市の統計データをもとに、地域住民の健康状態や生活状況を分析し、地域への健康支援を考察します。

    公衆衛生看護学実習

    対象者の特性に応じた
    公衆衛生看護の活動を理解する。

    主に尼崎市保健所、保健福祉センターで保健師になるための実習を行います。赤ちゃん健診や特定健診、家庭訪問などに参加し、さまざまな健康レベルにある人々への実践的な看護、地域保健活動などを学んでいきます。そして、地域の特性を知り、地域との連携・協働やヘルスプロモーションの実践について深く考えます。

描く未来に応じて選べる

〈2つの資格取得〉

人間看護学科では、看護師国家試験の受験資格に加えて、
助産師・保健師国家試験の受験資格(選択)、養護教諭一種免許(選択)も取得可能です。

めざす資格・選べる学びのスタイル

学びの領域

国家試験の出題分野である10分野で学びの領域を構成。総合科目、臨地実習、総合演習でさらなる経験値を身につけます。

  • 専⾨⽀持科⽬
    ⼈のからだと疾病を理解する

    からだの構造、⽣理的な営み、疾病のメカニズム、感染対策など看護する⼈と向き合うための基礎知識を修得します。

    教員の研究テーマ

    感染対象のために有効な手洗い指導

  • 看護基礎学
    看護と看護の
    対象者について理解する

    看護職の役割を知り、必要な⽣活援助・治療援助に関する知識や技術を講義・演習・実習を通して⾝につけます。

    教員の研究テーマ

    基礎看護技術の効果的な教授⽅法と評価

  • 成熟看護学
    健康障がいのある成⼈の
    療養⽣活⽀援

    成⼈を対象に健康障がいのレベルに応じて、急性期から慢性期・終末期まで幅広い看護援助について学びます。

    教員の研究テーマ

    急性・慢性疾患および終末期患者の看護

  • 精神看護学
    こころの健康について理解する

    こころの健康障がい(精神疾患)の知識を学び、⾃⼰理解を深めながら、こころのケアができる⼒を養います。

    教員の研究テーマ

    精神科における倫理的問題

  • ⽼熟看護学
    ⾼齢者が⾃分らしく
    ⽣きるための⽀援

    ⼈が⽣き、⽼い、病み、死ぬことについて考察し、⾼齢者が⽣を全うすることを尊重した看護とは何かを学びます。

    教員の研究テーマ

    認知症⾼齢者へのQOL・⽣きがい⽀援に関する研究

  • 育成看護学(⺟性)
    ⼥性とその家族を守り育む看護

    妊娠・出産・産後のからだとこころ、社会における変化と特徴を知り、その看護を考え、実践することをめざします。

    教員の研究テーマ

    育児に対する⾃⼰効⼒感向上にねざした⼦育て⽀援

  • 育成看護学(⼩児)
    ⼦どもと家族の
    いきいき⽣活⽀援

    ⼦どもの成⻑発達や健康課題への理解と、
    ⼦どもの⽴場に⽴った⽀援を実践できるための基礎⼒を育みます。

    教員の研究テーマ

    採⾎時のがんばりを引き出す⽀援

  • 在宅看護学
    療養者と家族の
    在宅療養を⽀える

    地域の在宅療養者と家族の生活支援に向けた知識や看護実践方法、必要な看護計画の組み立て方を学びます。

    教員の研究テーマ

    地域プライマリケアにおける在宅看護の機能・役割について

  • 地域看護学
    その⼈らしく
    ⽣きるための⽀援

    地域で暮らす⼈々の健康課題を解決する看護実践⽅法を学ぶほか、4年次からは選択制で保健師養成課程を設置しています。

    教員の研究テーマ

    住み慣れた地域で⾼齢者が主体的に⽣を全うするための⽣活環境

  • 育成看護学(助産)
    ⽣命の誕⽣に
    関わるケア

    主に妊娠・出産・産褥期と新⽣児のケアを⾏うための助産診断⼒を学外演習・実習・継続事例を通して養います。

    教員の研究テーマ

    ⽣殖医療と⼦育て

〈 COLUMN 〉

SCCセミナー×国際医療看護論×国際医療看護論公開講座

短期留学SCCと国際医療看護論

ニュージーランドにあるSCC(そのだクライストチャーチ キャンパス)への短期留学や研修を実施しています。参加者は、現地の病院⾒学、医療者による講義や演習などを通じ、国際的視野を広げています。また「国際医療看護論」では、世界の健康問題や⽇本の国際看護協⼒などを学びます。JICA関⻄の国際協⼒セミナーを受講したり、公開講座としJICAボランティアセミナーを学内で開催したりと、情報収集・発信の活動にも取り組んでいます。

教員一覧

少人数だからこそ、一人ひとりに目が届く距離でサポートします。

カリキュラムの特徴

  • 01
    まちの保健室実習

    地域の人々の健康管理に貢献

    地域医療に貢献できる看護職を育成するため、毎週水曜日に兵庫県看護協会と協力して学内で「まちの保健室」を開催しています。地域の子育て世代や高齢者など、幅広い人々に対し、骨密度や体脂肪、動脈年齢などの測定や健康に関するミニ講話、相談活動を実施しています。学生は身体計測や血圧測定などを担当し、地域の人々のこころとからだに寄り添います。また、学生、ボランティア看護師、教員がチームになって地域の健康づくりをサポートします。この実習のねらいは看護職の役割を理解し、現場で求められるコミュニケーション能力や社会性を養うことです。医療や看護の知識だけではなく、相手の立場に立って考えられる柔軟性やホスピタリティを学び、患者様のこころの支えになる看護者をめざします。

    学生は事前にたくさん練習をするのですが、いつもと違う環境と緊張で顔が強張ります。でも上手く測定できると安堵の笑みがうかびます。

    地域看護交流センター
    「まちの保健室」として、地域の人々の健康相談を受け、アドバイスを行う地域に開かれたセンターです。学生が「まちの保健室実習」を実施する場所としても活用しています。

  • 02
    近隣の医療機関と連携した実習体制

    実践力のある看護師を輩出してきた実績をもとに、SONODAはさまざまな医療機関と密に連携しています。実習の現場には本学教員が出向き、臨床指導者とともに実習に取り組むため、学生はいつでもアドバイスが得られる環境で安心して学べます。実習施設ではたくさんの卒業生が活躍しています。

  • 03
    主な実習施設の紹介

    豊富な臨床経験を積める総合病院での実習

    「地域医療」の拠点でできるだけ多くの臨床経験が積めるよう、さまざまな医療機関と連携しています。また、写真にある主な実習施設のほか、指導体制の整った病院、施設、訪問看護ステーション、保育所など数多くの施設において実習を行っています。

    兵庫県立尼崎総合医療センター

    兵庫県立西宮病院

    宝塚市立病院

    市立豊中病院

    公立学校共済組合近畿中央病院

    星ヶ丘医療センター

施設紹介

成熟・老熟・精神・地域・在宅看護学実習室

住居モデルを設けた在宅(訪問)看護のための実習室です。

高齢者・障がい者対応浴室

介護しやすい広さを確保し、浅く広い浴槽を設置した浴室です。水はけがよく滑りにくい床、握りやすい手すり、スライドカーテンの入り口など、細部にも配慮しています。

生体シミュレーター

聴診器で心臓の鼓動や雑音、呼吸の音を聴くことができる訓練用シミュレーターです。リアルな体験をすることで、講義で得た知識の理解が進みます。

在宅看護学実習室

居室からキッチン、浴室、トイレまで段差のないバリアフリー設計の屋内を造り込み、在宅生活をイメージした環境を再現しています。赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる健康レベルの人が自宅で自分らしく生活できるよう支援することを目標に、在宅看護の具体的な方法を習得します。

看護基礎学実習室

病室に近い環境のなかで、看護の基礎をしっかり修得。

学生が最初に学ぶ「看護基礎学」領域の知識と技術を実践しながら身につけるため、学年全員が一同に演習に取り組める実習室を用意しています。体験型学習や少人数での演習が可能なベッド数、および教材・器具を備えているだけでなく、現場を体感できるよう病室に近い環境を整えているのも特徴です。

看護基礎実験室

実験や観察を通して学んだ知識を体感。

「看護病態学演習」や「感染免疫学演習」で学んだ知識を、実験や観察によって実際に体感し、確実に修得するための実験室です。

育成看護学実習室

分娩や育児サポートなど、産前産後の専門教育を行います。

分娩や育児サポートなど、産前産後の専門教育を行う実習室です。

ゼミ紹介

宮田 久枝ゼミ

ひとりの女性に長期間関わり、
妊娠中から産後ケアまでのサポートを学びます。

命の誕生の瞬間に立ち会える喜びはひとしお。赤ちゃんの成長まで見守ることができる体験は、助産師をめざす学生にとって貴重です。

助産師をめざす学生を対象としたゼミで、学びの中心は、助産院と妊婦さんに協力いただく助産学実習です。ひとりの妊婦さんの診察から出産、産後の入院期間、1ヶ月健診まで学生が継続して立ち会わせていただきます。実習前には何度も分娩介助を経験し、その経験を生かして妊産婦さんへのアドバイスや提案を行います。女性が母親になり、家族ができ上がっていく過程にこれだけ長期間にわたって寄り添わせていただけるのは、全国でも貴重な取り組みだといえます。

妊婦さんとのコミュニケーションを大切にすることで、診察がスムーズに。ゼミでの実践は、将来につながる高い経験値となります。
撮影協力:実習先の橋本助産院、片山晴路様とそのご家族

〈 TOPICS 〉

未来のワタシ&Jobセミナー

新4年次生を対象に人間看護学科独自の企画でキャリア支援事業を開催しています。

「未来のワタシ」では、3名の卒業生が後輩たちのために、就職してからの体験談を話してくれました。国家試験の勉強法のときには、在学生から質問が飛び出しました。

「Jobセミナー」では、実習でご指導いただいている施設がご参加くださり、病院説明会と個別相談会を実施しました。学生たちはメモを取りながら説明に聞き入り、ブースを積極的にまわりお話を伺っていました。

PASS THE BATON

「先輩から後輩へ」紡がれていく想いがあります。

毎年、国家試験を受験する学生たちに、卒業生からたくさんの応援メッセージが届きます。同じ道を経験した先輩の言葉は、試験勉強に追われる学生たちにとって何よりの励ましです。国家試験翌日、今度は4年次生が後輩たちに手書きのメッセージをしたためます。先輩から後輩につなぐ想いは、今や人間看護学科の伝統になっています。

OG Interview

  • 宝塚市立病院勤務
    看護師の自覚が芽生えた学内外での実習が
    私の原点になっています。

    人間看護学科 2017年3月 卒業
    K・Sさん

    1年次の学内演習で清拭やバイタルサイン測定などを経験し、「看護師になる」実感が湧いてきたのを今も鮮明に覚えています。病院実習で、受け持たせていただいた患者様への看護経験も忘れられません。患者様が日に日に明るくなっていく様子に触れ、看護師としての喜びを感じました。現在は救急医療センターに勤務し、主に急性期病棟を担当しています。本病院には、私と同期の卒業生がほかにも2人います。学生時代、寮でずっと一緒zに過ごしてきた仲間が近くにいる心強さは格別です。現在は聴覚障がいのある患者様と直接会話するため、手話の技術を磨いています。インストラクターの資格を取得して、病院内にも手話を広めるのが当面の目標です。

就職

〈 国家試験対策 〉

それぞれのクラス、一人ひとりの学生に応じた指導で国家試験合格へ。

兵庫県の私立大学で10年を超える歴史を持つ本学。そのノウハウと情報を生かして、
保健師、助産師、看護師の国家試験合格をしっかりとサポートします。毎年、各学年の学修状況を把握・分析し、
随時指導計画を修正しながら国家試験合格の支援を実施しています。

スケジュール
国家試験対策委員会

4年次になると学生は、ゼミを中心とした小グループで自主的に自己学修を行うようになります。そのような学生を支援するため、教員と学生による「国家試験対策委員会」を結成し、学生の学修状況を把握するとともに必要なアドバイスを行っています。学生から出されたさまざまな要望に対する対応、学生がいつでも職員に質問することができるような環境づくりなど、人間看護学科教職員・学生が一丸となり、また大学や卒業生の後押しを得て、合格をめざします。

就職率100%(2021年3月卒) 職種別進路割合(2020年3月卒)

進路実績(2019〜2021年)

【看護師】兵庫県立尼崎総合医療センター、兵庫県立西宮病院、社会医療法人愛仁会、公益財団法人 甲南会甲南医療センター、公立学校共済組合 近畿中央病院、市立豊中病院、市立伊丹病院、宝塚市立病院、独立行政法人労働者健康安全機構関西労災病院、独立行政法人地域医療機能推進機構星ヶ丘医療センター、八尾市立病院、尼崎医療生協病院、日本赤十字社神戸赤十字病院、社会医療法人神鋼記念会神鋼記念病院、医療法人協和会協立病院、神戸大学医学部附属病院、兵庫医科大学病院、関西医科大学総合医療センター、大阪医科大学病院、兵庫県立こども病院、兵庫県立淡路医療センター、兵庫県立ひょうごこころの医療センター、医療法人社団甲友会、西宮協立脳神経外科病院、地方独立行政法人神戸市民病院機構、地方独立行政法人大阪市民病院機構大阪市立総合医療センター、独立行政法人地域医療機能推進機構大阪病院、北播磨総合医療センター、独立行政法人国立病院機構大阪医療センター、独立行政法人国立病院機構 神戸医療センター、国立研究開発法人 国立循環器病研究センター、箕面市立病院、市立池田病院、三田市民病院、市立芦屋病院、社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会吹田病院、社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会茨木病院、医療法人財団神戸海星病院、宗教法人日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院、社会福祉法人きっこう会多根総合病院、医療法人医誠会医誠会病院、医療法人川崎病院 【助産師】地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立西神戸医療センター、地方独立行政法人加古川市民病院機構加古川中央市民病院、社会福祉法人恩賜財団済生会滋賀県病院、社会福祉法人石井記念愛染園愛染橋病院、兵庫県立尼崎総合医療センター 【保健師】豊岡市役所、滋賀県長浜市 ほか