お知らせ

SONODAの受験生対象奨学金制度が大幅拡充します!

受験生の夢を支援する「経験値支援制度」がスタート!

適用人数制限なし! だから可能性は自分次第

強化指定学科(ビジネス学科、食物栄養学科、児童教育学科)はさらに充実

コロナ禍で活動の機会を大きく失った高校生の夢を支援する新制度をスタートします!

あなたの得意を活かして、奨学金を取得できるチャンスが大幅拡大。勉強はもちろん、部活やボランティア、趣味など、あなたが夢中で打ち込んできたことを最大限に評価。また、高校までの成果に自信がない方でも、これからの目標を見つけることで、奨学金適用の可能性があります。

まずは、この夏のオープンキャンパスで、「入学後に何をしたいか」「どんな夢を持っているか」を先生や先輩とお話しませんか?

経験値メジャー面談制度 [AO入試対象]

あなたの成功体験も失敗体験も未来に活かそう!

入学金30万円全額免除

「経験値メジャー面談」制度は、あなたの高校生活での学習や活動の経験を先生との面談でお聞きし、本学が掲げる経験値教育へのマッチング度を本学独自の評価指標(経験値メジャー)でポイント化する対話型の奨学金制度です。一定の得点をクリアすると、経験値メジャーパスポートが発行され、入学金全額免除が適用されます。

本学では、成功も失敗も「経験」として、ポジティブ評価をします。また、高校で自慢できる実績がない受験生であっても、これからどのような経験を積みたいかについて先生とお話ししながら見つけていくことで、ポテンシャル評価が得られ、パスポート発行を受けることもできます。
経験値メジャー面談は、5〜9月開催のオープンキャンパスにて実施しています。当日の飛び込み参加も可能。
また、パスポート発行を受けても、出願するかはあなたの自由です。

対象入試:AO経験値入試のすべてのタイプ(型)
対象学科:ビジネス学科、食物栄養学科、児童教育学科
免除内容:入学金30万円全額

コミュニケーション面談制度 [AO入試対象]

短大専用の面談は、友だちや保護者の同席もOK!

入学金20万円全額免除

短大志願者向けの「コミュニケーション面談」は、短大入学に向けての目的意識を早期に明確にして、準備を進めていただくことを目的とした入学支援制度です。あなたが高校生活で取り組んできたことや短大入学後に取り組んでみたいことについて、先生や先輩とお話ししながら明確にしていきます。
対話を通じて、目的意識が明確になったと感じられば、その場で入学パスポートが発行され、入学金全額免除が適用されます。
また、パスポート取得者には、ピアノ個別レッスンやMicroSoftOffice(R)講座などの特典プログラムも用意されています。

本学では、成功も失敗も「経験」として、ポジティブ評価をします。また、高校で自慢できる実績がない受験生であっても、これからどのような経験を積みたいかについて先生とお話ししながら見つけていくことで、ポテンシャル評価が得られ、パスポート発行を受けることもできます。

面談は試験ではありませんので、友だちや保護者の同席(最大2名まで)もOKです。
あなたがリラックスできる状態で、不安や疑問も含めて本音でお話ししてください。
コミュニケーション面談は、5〜9月開催のオープンキャンパス、および短大ミニオープンキャンパスにて実施しています。
また、入学パスポート発行を受けても、出願するかはあなたの自由です。

対象入試:AO経験値入試コミュニケーション型、指定校学校推薦入試
対象学科:短期大学部(生活文化学科、幼児教育学科)
免除内容:入学金20万円全額

スポーツキャリア支援制度 [AO入試対象]

引退後のセカンドキャリアを応援します!

入学金30万円全額免除

高校までスポーツに取り組んでいたけど、ケガなどの事情で大学ではスポーツを続けない、または続けられなくなったアスリートのセカンドキャリアを支援する制度です。

あなたが打ち込んできたスポーツの経験を、これからの大学の学びで活かしていきたいかについて、専用のキャリアプランシートに考えをまとめてください。
AO経験値入試スポーツキャリア型で合格すると、入学金全額免除奨学金が自動適用となります。
対象となるスポーツは、キャリアプランシートであなたがスポーツだとアピールできれば、ジャンルは問いません。

対象となる3学科では、スポーツや運動に関連する科目が展開されています。
ぜひ、大学で新しいキャリアを創っていきましょう。

例)食物栄養学科(スポーツ栄養)、ビジネス学科(スポーツビジネス)など

対象入試:AO経験値入試 スポーツキャリア型
対象学科:ビジネス学科、食物栄養学科、児童教育学科
免除内容:入学金30万円全額

入試成績優秀者特待生制度

科目試験の得点率70%以上をめざそう!

4年間の授業料半額免除

国公立より安い授業料で大学で学ぶことができると好評の同制度は、4年間の授業料半額免除となる特待生制度です。

従来、各学科5名となっていた人数制限枠を、今年度は4学科限定で上限撤廃。さらに適用入試も科目試験が課されるすべての入試に拡大します。
これにより、科目試験で得点率70%以上となった受験生全員が特待生適用となり、チャンスが大きく拡大します。
科目試験実施の入試は、10月実施の基礎学力型入試よりスタートするため、早期の特待獲得も可能。
学校推薦入試の併願受験でも適用されますので、上位校をめざす方にもメリットが大きい措置です。
さらに、入学検定料フリーパス制度を活用して、適用になるまで何度でも特待生にチャレンジすることも可能(※)です。
この秋に向けて、今から受験勉強に取り組んで、得点率70%以上をめざしましょう!

対象入試:科目試験を課すすべての入試(基礎学力入試、学校推薦入試、一般入試)
対象学科:ビジネス学科、総合健康学科、食物栄養学科、児童教育学科
免除内容:授業料半額免除×4年間

※合格を辞退し、再受験の必要があります。
※出願にあたっては入学試験要項や本学HPの入試情報ページを必ずご確認ください。

2023年(令話5年)度入試要項

入試情報はこちら

問い合わせ先

広報戦略室
Tel:06-6429-9903
e-mail:oc@sonoda-u.ac.jp